2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

« 「焼肉京城」でナマ肉三昧 Ⅰ | トップページ | 体調不良 »

2005年8月 1日 (月)

「焼肉京城」でナマ肉三昧 Ⅱ

あ、大事な事を忘れてました。最初の注文時にまず、1人前しか予約できなかった骨付カルビを追加しようと思ったんだけど、なんと既に売切れ。。。。ヒドイ。この時まだ17:15頃ですよ?結局1グループにつき1人前しか注文できない骨付カルビ(しかも予約が必要)。。。そんなにすごい物なの?何か納得出来ないのは私だけですかね???

001002さて、まず運ばれてきたのが「レバー刺」と「ユッケ刺」。これがどちらも口の中でとろける、とろける。特にユッケ。元々大好物なんだけど、お肉の良さに加えてタレの微妙な味加減が私好み。初っ端から大満足です。

予約したお肉の他に注文したのが(↓写真左から)「上レバー」「上ミノ」「ハラミ」です。

003004005レバーって普通「焼くとモソモソする」。。。って嫌う人多いじゃないですか。このレバーはいくら焼いてもモソモソしないの(私がレバー好きだから気にならないだけ?)。ミノはイマイチだったかな。元々食感に特徴があって、味は特に美味しい、というものではないから仕方ないかもしれないけど。。。ちょっと味にクセがあって、私的には感動できなかった。ハラミは「上」が無く並(?)ハラミしかなかったのでそれを頼んだんだけど、これも普通のハラミだった。美味しいんだけどさ、どこでも食べられるハラミって感じ。

事前に「京城」チェックをした時に「お肉は上だけを頼むべし」「上巻き、上ロース、上カルビに絞れ」みたいな事が書いてあったんだけどまさにその通りでした。特に上巻き、上カルビの美味しさは格別!私はホントにナマでパクパク食べちゃいました。誰かが塩の方がお肉本来の味がわかるから、ナマでいくなら塩の方がいいと言ったのでタレは焼き、塩はナマで食べていたのですが、後からタレをナマで食べたら、そっちの方が美味しかったような気がする。。。。

「御飯類・麺類は普通だから頼まずに、その分肉を食べろ!もし頼むなら白い御飯にしておいた方がいい。」というクチコミもあったので、石焼ビビンバ好きの私も友人達と「ご飯ものは止めよう」と意見は合致していたハズなのですが。。。でもやっぱり焼肉には御飯が必要よね!ということで、結局みんなで白い御飯(一応半ライス。半・中・普通とあるうちの一番小さいライス)を頼んじゃいました。しかしこの半ライス、普通のお茶碗にギッチリよそられているので、決して量が少ないというわけではありません。ご注意を。。。

お肉もほとんど食べ尽くし、ふと気づいたのですが。。。肝心の骨付カルビが来ていない!いや~な予感がして伝票を見ると、「骨付カルビ」の文字が無いじゃあありませんか!!一大事です!入店してから既に1時間は経ってます。。。今更無いと言われても納得出来る筈が無い。いざとなったら(カラの)お皿をひっくり返して「あたしゃちゃんと予約をしたのに、何て事さ!」と一戦交えなきゃ。。。という覚悟が胸をよぎります。それでもまずは澄ました顔をして伝票を元に戻し、店員さんに「頼んでた骨付カルビがまだ来てないんですけど。。。。」と言うと、伝票と席の後ろに貼ってあったお肉の予約表を交互に確認し、奥へと消えていきました。さあ、一体どうなるのか!?ちょっと不安げな表情で黙り込む私達。。。。数分して店員さんが戻って来ました。「申し訳ありません。すぐにお持ちします」だって。やったー!神は私たちを見捨てはしませんでした。っつーか、これで無いって言われたらハッキリ言ってお店で暴れちゃうところでしたが。。。私達の食い意地をなめちゃいかんですよ。

006早速運ばれて来た骨付カルビは。。。ち、小さいです。そりゃ一人前だけどさ。←これが二切れです。骨を切取り、四人で分けたらホンの一口。ちょっと虚しかったです。みんなのご好意(?)で私は骨部分もいただきました。「ほら、いつもの様にワイルドにかぶりつきなよ!」って、妙齢の女性にかける言葉ではありませんよ。全く。。。

結局4人で行って、一人7000円くらいでした。なんとなく急かされて落着かないし(追加オーダーも1回しかできなかった)、食べたいものは満足に食べられないし、まだお腹いっぱいになってないし、サービス内容などから考えると決して安くないような気もします。もし満足するだけ食べたら、もっともっと高くなるだろうしね。

でもナマで食べられる程、質のいいお肉を出してくれるお店と考えれば決して高くは無いかな。ここで比べるのも何ですが、叙○苑に行っても「ナマでどうぞ」なんて言われた事はないし、それでも同じくらいの肉量だったらここよりずっと高くつくだろうし。そう考えたらやっぱりかなりコストパフォーマンスはいいんではないでしょうか?

ただ、今度来る時はもっとのんびり、余裕を持って食べたいです。わがままかしら?

« 「焼肉京城」でナマ肉三昧 Ⅰ | トップページ | 体調不良 »

グルメ(肉)」カテゴリの記事

コメント

私的には骨付カルビより上巻ロースとか上カルビの方が美味しかったな。
「もっとのんびり、余裕を持って食べたい」は右に同じ。
お店的にのんびりって感じではなかったねぇ。
ちなみに私この後ちょっとお腹こわしました…。
単に食べすぎなのか…、はたまたやはり生食には耐えられなかったのか…。うーん。
美味しかったんですけどねぇ。

又お腹壊したの?大丈夫か?
なんでいつも君はそうなんだろうねえ。。。。ナマもそんなに食べてなかったような気もするが。

頑張っておなか、鍛えてくれたまえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113062/5254666

この記事へのトラックバック一覧です: 「焼肉京城」でナマ肉三昧 Ⅱ:

» 2005/09/22の食べ歩き -能代市・大昌園- [秋田食べ日記 =第2章=]
仕事を始めた妻がめでたく(今の仕事での)初任給を手にしたため、そのお金で焼肉をごちそうになりました。今回行ったのは能代市内に3店舗を構える焼肉屋、「大昌園」[続きを読む]

« 「焼肉京城」でナマ肉三昧 Ⅰ | トップページ | 体調不良 »