2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

« 魚豆根菜やまもと Ⅱ | トップページ | 寝過ごした! »

2006年7月 5日 (水)

「うち山」で鯛茶!

ずっと前にテレビで見て以来、一度ここの「鯛茶漬け」を食べてみたかったの。。。と言っても夜に行けば最低が10,500円のコースからと、結構お高い。とりあえずまずはランチで。。。と友人に予約を取ってもらい、ついに行って参りました、銀座の日本料理やさん「うち山」です。お昼は要予約のお弁当やコース料理もあるんだけど、私たちが予約したのは前々から気になっていた「鯛茶漬け」。

001_54

002_54003_43ただ、鯛茶と言っても それだけが単品でデロンと出てくるわけではないのです。まずは小鉢が三品出てきました。麦茶を練り込んだという「焼ゴマ豆腐」「魚の煮付」「青物のおひたし?」。何故かゴマ豆腐好きな私ですが、これが又サッパリドッシリモッチリした味わいで美味しいのですよ。これは私が食べたゴマ豆腐の中で、NO1だね。そして煮付も身がギッシリ詰まっていて食べ応えのある一品でした。何のお魚かわからなかったんだけど、しっとり柔らかい食感で味がしっかり染みこんでて。大根も入ってたんだけど、これも味が染みこんでて美味しかった~。残念だったのが、私たちにお料理を出してくれた若い人(お弟子さん?)がお料理の説明をしてくれなくて。。。ご主人はきちんと説明されてたみたいなんだけど、たまたま運が悪かったのか私たちについてくれた人からは説明なし。まあ、そんな品数もないし、仕方ないか。。。と質問はしなかったんだけど。あと周りの人はお弁当とかコースを食べていたので、鯛茶のみの私たちはちょっと気が引けたってのもあるんだけどね。

004_42005_33さて、お待ちかねの「鯛茶漬け」です。左の鯛のお刺身(胡麻ダレがたっぷり)をそのまま御飯と食べるのもヨシ、右のようにお茶漬けにして食べるのもヨシ、です。ただ、胡麻ダレは思っていたより味が濃い。。。。濃口の好きな私がそういうのだから、かなり濃いと思います。だからお刺身のまま食べると、結構しょっぱいかも。かと言ってお茶漬けにしてしまうと薄くて物足りなんだけど。あまりお茶漬けって食べ慣れてないので、お茶(お出汁)の量加減がわからず、丁度いい味にするのが難しいです。。。鯛はプリプリしてるんだろうな~と思ってたんだけど、そうではなくて柔らかかった。ちょっと意外。これはこれで美味しいのですが。。。。

私たちには例の若い人から説明が無かったんだけど、御飯はお代わり自由みたい。食べ終わった後でご主人が「御飯のおかわりはいかがですか?」とすすめてくれたんだけど、もう鯛は無いし、お漬物を食べられない私はおかずがないので。。。。お断りしました。まさか「鯛もおかわり!」なんて言えないしねえ。

006_15デザートは梅餡風味の水饅頭のような葛切りのような物。実は他のお客さんが黒糖のシャーベットを食べていたのですごく楽しみにしていたんだけど、それはコースかお弁当用のデザートだったのね、きっと。いや、これはこれで美味しかったんですが、黒糖シャーベットを期待していたのでちょっと切なかったです。

私たちが座っていたのはカウンター席。10人も座れないよなあ。。。後は奥の方にテーブル席があるっぽかったけど、確認できませんでした。お客さんの年齢層は結構高く、常連さんが多いみたい。ご主人と会話が弾んでるので、ちょっと新参者は口を挟めないって感じで。。。そんな雰囲気だったので、いつもなら何でもずうずうしく聞いちゃう私がお料理について聞けなかった、というのもあるのです。いや、ご主人の感じはとてもいいんだけどね。たまたま私の隣に座っていた人がグルメの薀蓄やさんみたいな感じの人で、ず~っとご主人としゃべりっぱなしだったのがちょっと気になってさ。他の常連さんにも「いつもありがとうございます」とか挨拶していたので、顔を覚えてもらうにはどれだけ通わなきゃいけないんだろう。。。なんてちょっと考えてしまった。土日の予約は取り辛いって言うのにね~

まあ、それはともかく。このお料理とボリュームで1,500円というのは充分お得だと思うのですが、いかがでしょうか?コースのボリューム(昼、夜とも)はわからないのですが、個人的にはこのお値段だったらこれで充分満足!と思いました。平日のランチだったら、もっとゆったり寛げるんじゃないかしら。。。今度は平日ランチを狙ってみようかな。

« 魚豆根菜やまもと Ⅱ | トップページ | 寝過ごした! »

グルメ(和食)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「うち山」で鯛茶!:

« 魚豆根菜やまもと Ⅱ | トップページ | 寝過ごした! »