2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

« ジャガビーVSフライドポテト塩味 食べ比べ | トップページ | 冬の La Qua »

2006年11月24日 (金)

山くじら すき焼 ももんじや

どうしてもぼたん鍋を食べなきゃいけない訳があって、両国にある「山くじら すき焼き ももんじや」へ行って参りました。ネットでぼたん鍋が食べられるお店を調べてみたら、ここは他の野獣肉も食べられるとの事だったので決めました。獣好きの私にとってはたまりませんね。。。野獣肉専門店として、歴史がある(創業が1718年だって)お店みたいです。

いろいろなメニューをまんべんなく食べられる「野獣肉コース」が面白いかな?と思ったんだけど、友人が「狸汁」にめちゃくちゃ不安を抱いています。臭いから無理!と言うので他のコースも検討したんだけど、前菜が私の苦手なサンマだったりでこれもダメ。単品にしようか?とも思ったけど、「狸汁、無理だったら飲まなきゃいい話だから野獣肉コースでいいよ」と友人が言ってくれたので、結局そのコースを頼む事になりました。さんきゅ~~~

あああああ。。。。。。いきなり写真を撮り忘れました。「先付(猪肉の煮込み)」。他の事に気を取られていた事もあったんだけど、すっかり忘れてパクついてしまい、写真の事を思い出したのは全てがお腹におさまってから。。。いいもん、メインはぼたん鍋だし。

001_115

002_104003_82

猪鍋」は仲居さんが作ってくれます。思っていたよりずっと肉量のボリュームがあったのでビックリ。嬉しい誤算です。全てのお肉を鍋に放り込んだ後、まずは一人分の野菜を投入します。仲居さんの話だと、猪肉はじっくりと煮込めば煮込むほど柔らかくなりコクが出るんだそうです。野菜は適当に食べてもいいけど、お肉の方は割下をコマメに入れながら焦がさないようにじっくり煮込んだ方が美味しいですよ!と言ってました。味付が濃いので臭みも特に感じられないし、そりゃあ生肉に比べたら火が通った分固いけど、でも想像していたよりずっと柔らかかったです。そして「鹿刺身」。鍋もいいけど、やはり肉はナマに限ります。これも臭みもなくアッサリして食べやすい。食感はどちらかと言えばサラサラした感じで馬刺しなどに比べたら旨味は薄いかな。ちょっとだけ物足りない感も。「鹿竜田揚」、これは初めて食べたけど「鶏ですよ」と出されても違和感が無いくらい普通に美味しいです。まあ、私がお肉なら何でも抵抗無く食べられるっていうのもあるかもしれませんが、でも友人も結構美味しいって食べていましたよ。

004_72005_59そしてこれが噂の「狸汁」です。そういえば私、狸料理は初めてだな。。。写真を撮っている間に、友人がまず狸汁のニオイをかぎ「あ!臭い!!」。そして一口狸汁を飲むと。。。バタッと畳に倒れこみ動きません。ご臨終で~す♪

そんなに酷いの?まあ、確かにちょっとクセのある強いニオイですが、でもこれくらいなら全然許容範囲さ。それよりお味の方はいかがでしょ?一口飲んでみると。。。。おお、確かにパンチはあるけどそこまで酷くないか、な?と考えていると、それは後からやって来ました。口の中にモワッと広がる不快感。これは美味しくないかも。。。せっかくだから、全部飲みはしたけどね。何だか口の中にいつまでも残っている狸臭(?)で自分がクサイ。。。でもちょっと面白かったです。一度食べてみたかったら美味しくなくても満足だし。美味しいか美味しくないかで言ったら全然美味しくなかったし、不快だったけど、でも又出されたら面白がって飲んじゃうかも。どんなにまずくても、どんな獣肉にでも絶えず立ち向かって行きたい!という闘争本能の表れでしょうかね?(単に学習能力がないだけ、カモ?)。ぐるなびクーポンでサービスしてもらった「栗アイス」、これは栗の粒がたくさん入っていていい口直しになりました。

それにしても面白かった!そういえばメニューに「熊肉、入荷待ち!」と書いてあったのでその日は無いのかと思っていたんだけど、食後に仲居さんに聞いたら入荷してますよ!と言われました。だったらメニューの文字、消しといてよ。。。熊メニューは鍋とソース(だったかな?)のソテーの2種。入荷できない日もあるわけだから、その日はいいチャンスだったのに残念だな。熊鍋、ちょっと興味があります。。。

« ジャガビーVSフライドポテト塩味 食べ比べ | トップページ | 冬の La Qua »

グルメ(肉)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113062/12788175

この記事へのトラックバック一覧です: 山くじら すき焼 ももんじや:

» 集まれ!イノシシハンター!!賞金は夢の数億円だ!? [お金ちゃんねる:お金なニュース集めるよ。]
「ぼたん鍋」を流行らせたらどうだろう。町おこしの一環としてもOKでは?確かイノシシ野生の方が、コッテリうまかったような。昔から、滋養強壮の食材としても知られていますよね。 [続きを読む]

« ジャガビーVSフライドポテト塩味 食べ比べ | トップページ | 冬の La Qua »