2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

« 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅰ (天金) | トップページ | 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅲ (海蔵寺) »

2007年11月 2日 (金)

全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅱ (銭洗弁財天宇賀福神社)

001002住宅街の中を抜け、銭洗弁財天に向かいます。中学生以来かなあ。。。ココって。中3の遠足で、自由行動でのチェックポイント(各班で回るコースの中に必ず入れなければならない場所)の一つだったんだよ、確か。懐かしいな。頼朝の墓とかにも行って、買い食い禁止だったハズなのになぜかソフトクリーム食べたよなあ。。。なんて懐かしい思い出に浸りかけていましたが、周りの状況がそれを許してくれない。暴雨です、暴雨。傘なんてもはや何の意味もありません。排水溝からは水があふれ出し、坂の上からは滝のような雨が流れ落ちてくる中、やっとの事で銭洗弁財天宇賀福神社(正式名称、初めて知ったよ。。。)に到着です。さて、お金を貯めるぞ~!(←ちょっと違う)

003004005境内の他の場所には目もくれず、一直線に銭洗い場、いやいや奥宮へと向かいます。写真左の緑の台の前に湧き出ている霊水でお金を洗って使うと、何倍にもなって返ってくるのだと信じられているそうです。とりあえず全金種洗っとこうか!と、お財布の中を見ると500円玉と、肝心の5円玉が入っていないではありませんか。仕方がないので代わりにお金がカエルお守り、いつもお財布の中に入れっぱなしの青いカエルちゃんも一緒にジャブジャブします。お金をザルの中に入れたままお水の中に浸して軽くゆすぐのですが(多分そんな感じでいいんだと思う)、あまり激しくゆすぐとお札がユラユラとザルから飛び出そうとしますのでお気をつけ下さい。お金を増やしに来ておいて、お金を落としちゃったら洒落になりませんから。あとお札は破れやすくなっているので取扱いは優しくね。

無事お金を洗った(清めた)ところで、さて困った。この濡れたお金はどうすればいいのでしょう?友人達を見るとタオルなどを取り出して拭いていますが、自分のタオルやハンカチでお金を拭くのは、私イヤなんですよ。。。いくら洗濯すると言っても、いくら清めたお金だとは言っても、(汚い)お金をタオルで拭くのは抵抗があるのです。仕方が無いのでティッシュで拭いたのですが、お金もティッシュも薄っぺらいし、フニャフニャしていてすごく拭きにくい。手間取っているうちに1万円札がヒラヒラと飛び出し、何と床の上に!せっかく清めたお金が穢れてしまいました。又洗い直しです。。。

006_2←ティッシュで乾かしたお札。

友人達をかなり待たせて、私のお清めもやっと終了です。効き目、あるといいんだけどな~。

ずぶ濡れになりながら必死に歩いて来た銭洗弁財天。。。本当にただお金を洗っただけで、この地を後にした私達なのでした。

« 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅰ (天金) | トップページ | 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅲ (海蔵寺) »

旅行記(鎌倉)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅱ (銭洗弁財天宇賀福神社):

« 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅰ (天金) | トップページ | 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅲ (海蔵寺) »