2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

« 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅲ (海蔵寺) | トップページ | Patisserie ISOZAKI の限定スイーツ「花の料理人スペシャル」 »

2007年11月 4日 (日)

全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅳ (豊島屋菓寮 八十小路)

この後の予定は北鎌倉方面へ抜け、観光&買い物をする予定だったのですが。。。全身ずぶ濡れで冷えきった体に容赦なく吹きつける突風。なぜか3人の中でも私が一番濡れてる。。。めずらしく厚めのジャケットを着てきたのに、絞ったら水が滴り落ちるくらいグッショリ濡れているので、もはや保温の役目を果たしていません。いくら寒さに強い私でも、さすがにこれは応えます。。。るみおさん史上10本の指に入る寒さです。「このままでは絶対風邪をひく!」と思った私は珍しくリタイア宣言。一人で鎌倉駅に戻ろうと思ったのですが、それに二人も賛同してくれて結局観光は海蔵寺にて打ち切りとなりました。3人で鎌倉駅に戻る事になったのですが、ここはタクシーの1台も通らない住宅街。結局駅までトボトボと30分近く歩く羽目に。もう身も心もボロボロですわ。

とにかくどこかでお茶をしたい。休みたい。。。去年の秋に、最近私達のお気に入りのお店豊島屋さんの手がけた甘味処が、本店のすぐ裏にオープンしたそうです。その名も豊島屋菓寮 八十小路(はとこうじ)。鳩三郎グッズでも売っていないかしら?と期待も込めて突撃してみる事にしました。こんな天気のせいか、中はガラガラ。。。。奥の席に座ってやっと人心地つきました。となるとゲンキンなもので、先程までの震える程の寒さはどこへやら。頼むのはアイスの盛合せにするか、アイスコーヒーにするかで悩む私。体温は着席後3分で急上昇、無事復活したようです。ヤレヤレ。

001002003友人が頼んだ「源平しる粉」、私の頼んだ「10月のお上生、谷戸の秋」「冷し珈琲」。和菓子も美しいですが、コーヒー用の氷はコーヒーでできていて、溶けても味が薄まらないのが嬉しいです。シロップは何だったんだろう?ガムシロよりかなり黄色い感じ。でも味はわからなかったなあ。。。というより全部入れても私には甘さが足りないくらいなので、味の分別はもちろん不可能だったから。。。

004_2でも何より嬉しかったのは!冷し珈琲に付いてきた、この手拭い風ナプキン。「よろしかったらどうぞお持ち帰り下さい」と言われて、何だろうとよく見ると。。。何と鳩柄!めちゃくちゃかわいくないですか!?コーヒーは苦かったけど、これをいただいただけでも頼んだ甲斐があったなあ。。。友人たちも「ホットドリンクを頼んでも付いてくるのかなあ?冷し珈琲にだけなのかなあ?」と気になっているようでした(結局ドリンクは頼んでいませんでしたが)。

1時間程休んで体温は上がっても、体中の皮膚は未だ氷のように冷たいままです。それもそのはず、濡れている洋服が体中にペッタリと貼り付いているんですから。トイレにあった手を乾かす温風乾燥機で少しでも乾かないだろうか。。。とヘンなポーズになりながらも頑張ってみたのですが(他のお客さんが入って来なくてよかったよ。。。)、温風が弱すぎて全然ダメでした。そりゃそうだよなあ、用途が全然違うもんねえ。

あ。ちなみにこちらには鳩三郎グッズは売ってませんでした。

« 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅲ (海蔵寺) | トップページ | Patisserie ISOZAKI の限定スイーツ「花の料理人スペシャル」 »

旅行記(鎌倉)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅳ (豊島屋菓寮 八十小路):

« 全身ずぶ濡れ、鎌倉散策 Ⅲ (海蔵寺) | トップページ | Patisserie ISOZAKI の限定スイーツ「花の料理人スペシャル」 »