2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

« 早稲田でランチ | トップページ | 最初で最後の(?)大田原牛 Ⅱ »

2008年7月25日 (金)

最初で最後の(?)大田原牛 Ⅰ

001_3 以前ちょこっと書きましたが、ずっと憧れていた麻布十番にある大田原牛のお店大田原牛超へついに行ってきました!ランチならもっとお手軽に楽しめるのですが、最初で最後になるかもしれないこのチャンス。大奮発して25,000円の「牛超 牛づくしスペシャルコース」を予約!!るみおさん史上、自腹では最高額のコース料金です。とにかく値段が値段なので期待半分、不安半分でしたよ。

今、食品の産地偽装とか流行っている(?)じゃないですか。25,000円も出して「実は輸入肉でした。。。」なんて事になったら目も当てられない。失礼を承知で電話で「大丈夫ですよね?」と聞いたところ(←やりすぎ?)、お店で扱っている大田原牛肉について丁寧な説明をいただきました。こちらのお店では扱っている大田原牛の血統や育成方法、育成期間や飼料について、きちんと把握されているそうで、「こういう時期だからこそ逆に、当店の徹底管理された牛肉を自信を持ってオススメできます!」という力強いお言葉。さすがです!!

002_3金曜の夜なのに、店内は私達の他にお客さんは1組だけ。予約の時に接待かどうか聞かれたけど(ある意味思いっきり自分を接待しているわけだけどさ)、接待用の個室もあるようです。でも私達がいる間は特に出入りがなかったので、やはりお客は2組だけだったみたい。やはりそうそう来れるお店じゃないもんね(←決めつけ)。

そんな中期待度100%で望んだコース料理は下記の通り。

003前菜3点盛り

左から鴨のスモークスモークサーモンのマリネ オレンジ風味フォアグラ季節の野菜のピクルス。3点盛りなのに品数はなぜか4品。ピクルスはあくまでも添え物って感じなのかしら?

友人はサーモンにちょっとクセがあると言っていましたが、私はそんなに気にならなかったかな。普通に美味しかったです。普段ピクルスは食べないのですが(嫌いというわけではないけど、ハンバーガーでも抜いてもらう)、25,000円の中の1品だと思うとついつい食べちゃいました。貧乏性なものでね。。。

004牛刺し(ネギ抜き)

特に店員さんから説明が無かったのでこちらから尋ねると、左が、右がだと教えてくれました。

牛刺しは生醤油かお塩でいただきます。やっぱりニクはナマがウマイ!!特に上は脂でトロトロ。口の中で溶けました。幸せの食感です。。。私はレモンをつけずにお醤油でいただいた方が好きかな。

« 早稲田でランチ | トップページ | 最初で最後の(?)大田原牛 Ⅱ »

グルメ(肉)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113062/41962719

この記事へのトラックバック一覧です: 最初で最後の(?)大田原牛 Ⅰ:

« 早稲田でランチ | トップページ | 最初で最後の(?)大田原牛 Ⅱ »