2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

« 優雅で感動的なディナー フォーグレイン Ⅰ | トップページ | 優雅で感動的なディナー フォーグレイン Ⅲ »

2009年6月18日 (木)

優雅で感動的なディナー フォーグレイン Ⅱ

フレンチレストラン フォーグレインにて開催されたお食事会「優雅で感動的なディナー」は、主催のシティリビング担当者の挨拶から始まりました。確か募集人数は30名だったと思いますが、実際には40名での参加となったそうです。募集条件は女性グループのみとの事だったのでもちろん参加者は全員女性でしたが、結構年齢層が高かったかも。少なくとも私たちの周りには20代はいなさそうな感じでした。ほとんどの人が30代以上に見えましたね。

その後フォーグレインの料理長、石原さんから本日のお料理の、そしてソムリエの鈴木さんからはワインの説明がありました。かなり期待できそうな感じで、どんどんテンションがあがってきますよ~。

最初にサービスされたワインは、「アストリア ファッション ヴィクティム」というイタリアのスパークリングワイン。そんなに高いワインではなく、レストランで頼むと1本7,000円程度だそうです。スッキリとした味であまりクセが無く、かなり飲みやすかったです。

ちなみにこのワインは寝かしておいても美味しくはなりません。。。とソムリエの鈴木さんがおっしゃっていました。昨年のブドウで作られていて、製造されてからすぐ出荷された物なのだそうです。ワインって何でも寝かせりゃいいってもんじゃないのね。。。

001_5写真は初めからセッティングされていた「アミューズ

カリカリした食感にチーズの味がすごく濃厚で食欲をそそりますね。ワインによく合います。

そしてついに前菜が運ばれてきました。

002_2開宴のプレリュード(右)」は、確か白身魚とじゃがいもをピューレにした物と言っていたような。。。

そして出ました、アスパラ一品目。「会津産白アスパラガスの冷たいスープ バジルの香り(左)」です。

ネギ類とじゃがいも、アスパラ、チキンブイヨンをミキサーにかけてバジルの香りをつけたスープだそうです。ネギの味は全然せず、ビシソワーズに近いスープでした。もちろんちゃんとアスパラの風味はしましたよ。

ちなみにこのスープは洞爺湖サミットのランチミーティングの時に出されたメニューなんですって。

本日の主役「ホワイトアスパラガス」は会津産の物を使用しています。アスパラ=北海道というイメージがしますが、北海道産の旬は7月。アスパラは暖かい地域から出回るらしく、この会津産だと今が丁度旬なんだそうです。会津産のアスパラ、最近では結構あちこちで使われるようになってきたそうですよ。全部料理長の石原さんの受け売りですが、お料理や素材について丁寧にわかり易く説明して下さったので、かなり勉強になりました。

« 優雅で感動的なディナー フォーグレイン Ⅰ | トップページ | 優雅で感動的なディナー フォーグレイン Ⅲ »

グルメ(洋食)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優雅で感動的なディナー フォーグレイン Ⅱ:

« 優雅で感動的なディナー フォーグレイン Ⅰ | トップページ | 優雅で感動的なディナー フォーグレイン Ⅲ »