2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

« 賛否両論、2月のお料理 Ⅱ | トップページ | BROZER’S(ブラザーズ) »

2010年6月14日 (月)

今年も手づくり梅酒♪

やっと梅が手に入ったので、今年も梅酒を作ってみました。

昨年に比べてお店に並ぶのが遅い&高いような気がするんですよね、梅。やきもきしながらやっと見つけたお手頃というか安かった青梅は傷物比率が高くて、超アバウトな性格の私でも躊躇してしまうような代物。そんな中購入したのは青梅ではなく、南高梅でした。普段は青梅より高級な梅らしいのですが、今年はなぜか青梅が高めで南高梅とほとんど値段が変わらないらしいです。南高梅ってものすごく香りがいいんですよ~。出来上がりが楽しみだ!

001 さて、材料はこちら。

昨年の分はあっという間に無くなってしまったので、今年は2瓶作る事にしました。が、きっとこれもすぐに飲み終わっちゃうんだろうな。。。

昨年はせっかくちょっと高めのブランデーベースのリキュールで作ったのに、結局ブランデー特有のコクが出始める前に飲み終わっちゃったので、今年は普通のホワイトリカーを使うことにしました。その分氷砂糖だけではなく、黒糖やはちみつを使ってちょっとだけアレンジします。

梅酒のレシピはホント人それぞれって感じ。

青梅は数時間水に漬けてアク抜きをするとか、梅に穴をあけた方がいいとか、梅は事前に冷凍した方がいいとかいろいろあるみたいだけど、私は超シンプル!最低限の事しかしません。

①瓶をキレイに洗い、乾燥させる。

②梅を洗う。

③爪楊枝を使って梅のヘタを取る。

④ペーパータオルなどで梅についた水分をよく拭き取る(濡れたままだとカビが生える原因になるそうです)

⑤瓶に梅と砂糖を交互に入れていく。

⑥最後にホワイトリカーを注ぎ、きっちり蓋をし保管する。

これだけー。本当は傷ついた梅は取り除かなきゃいけないみたいだけど、その傷のレベルがよくわからないので、私は構わず買った分は全部入れちゃいます。よっぽどブニャブニャになっていたら避けるだろうけどね。

こうして作ったのがコチラ。

002_5 色が全然違いますね。。。

左の瓶が

南高梅      1kg
ホワイトリカー  1800ml
氷砂糖      500g
はちみつ      500g


右の瓶が

南高梅      1kg
ホワイトリカー  1800ml
氷砂糖      500g
黒砂糖      300g
はちみつ     250g

ちょっと甘めかな。。。はちみつが750g入りだったので、全部使っちゃいました。

ちなみに黒砂糖だけだとクセが強くなるそうなので、一緒に氷砂糖とはちみつも入れてみました。来年はブランデーベース+はちみつなんて作ってみたいなぁ。。。

003_3 黒砂糖はあっという間に溶け始め、瓶の下半分は真っ黒に。上下の写真の時差は1時間もないんですよ。漬けて間もないのに泡(アク?)も結構出てるし、発酵しやすいので時々蓋を開けてガス抜きもしなきゃいけないみたい。黒砂糖を入れると手間がかかるのね。。。どんな出来になるのかちょっと心配です。

でもそれ以上にワクワク感があります。今年はできれば1年以上は寝かせて熟成した梅酒を楽しみたいけど。。。ムリだろうな。6ヶ月たったら開けてしまいそう。。。

梅はまだまだ売っていると思うので、興味のある方はぜひ作ってみて下さいな。材料費は市販の物よりちょっと高くつくかもしれませんが、とにかく簡単だし、自分でいろいろアレンジしたりして楽しいです。保管場所さえあれば、私ももう2~3瓶作りたいくらい。

手づくり梅酒、いいですよ~~~♪

« 賛否両論、2月のお料理 Ⅱ | トップページ | BROZER’S(ブラザーズ) »

グルメ(その他)」カテゴリの記事

コメント

あたしも今年はチャレンジしてみるかな、梅酒作り

ぜひ作ってみて~

手づくり梅酒は、どちらかと言えばしばぞうさんのようにチビチビ派の人向きだと思うよ。一瓶飲み終わる頃には、最初と全然違う味になっているハズ。

梅の販売期間は短いから、急げ~~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も手づくり梅酒♪:

« 賛否両論、2月のお料理 Ⅱ | トップページ | BROZER’S(ブラザーズ) »