2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月23日 (日)

ピエールマルコリーニでチョコの食べ放題がっっっ! Ⅲ

ピエールマルコリーニの食べ放題レポの続きです。

10分前にお店に戻ると、既に11:00組の行列ができていました。整理券に書いてあった番号は、どうやらフロアと座席みたいですね。その番号で店員さんが列を振り分けていましたよ。そうこうしている間にあっという間に10分経ち、さあ、ついに入店です!一体いくつ食べられるかな???

001

私が通されたのは3階にある小部屋のカウンター席。4人掛けのカウンターに2人しか通されないので、何だか隔離されてしまったような寂しい感じ。周りの状況が全然わからないし、おかわりしたい時に店員さんは気付いてくれるのかなぁ。。。とちょっと不安になっちゃいました。

席に座るとすぐに運ばれて来た紅茶(ストレート)。結構量少ないね。。。別途お水はいただけるけど、食べ放題に含まれているドリンクはこれ一杯きりなので、ドリンクと一緒じゃなきゃチョコが食べられない人にはちょっとツライかもですね。

そしてついに一皿めのチョコが運ばれてきました!

002

どうです!?お店に並んでいるチョコと一緒!!

あまりがっつくのもハシタナイので、チョコの説明を読みながらゆっくり食べたつもりですが。。。あっという間に完食!この間約1分少々。

心配していたおかわりですが、店員さんがこまめに様子を見て下さるのでストレスは全然ありません。

すぐに気付いてくれてお皿を下げ、2皿目を持ってきてくれます。ほとんど時間はかからなかったですね。おかわりのタイミングは最後までこんな感じでとてもスムーズでした。これは素晴らしいです。

しかし食べるスピードは。。。やはり枚数を重ねるごとにペースは落ちていきますね。1個1個の味は全然違いますが、全て濃厚。甘さも舌に残ってきます。5皿(35個)を完食した時点では15分が経過していました。

この食べ放題についての個人のレポってあまり数が見つからなかったのですが、私が見た中では8皿完食という人が最高枚数でした。だったら10皿くらいはいけるかな~と思ってたんですけど。。。

7皿目(49個)くらいで初めて水を飲んだら何だか余計チョコの甘みが強まったような気がして、そこからはノドが渇いて水がぶ飲みですわ。。。これはお腹にたまります。

8皿(56個)くらいになると1個1個を食べる間隔もだいぶあく為、チョコの味が前よりよくわかるようになりました。舌先も研ぎ澄まされてきたのか???

003

ちなみにチョコの中はこんな感じ。齧ったあとなのでちょっと汚らしいですが。。。

左から2番目のエスカルゴや右から2番目のアニモキャラメルに入っているトロトロのキャラメルソースが、ちょっとクドく感じるようになりました。アニモの方は若干塩の風味もするんだけどね。やはり甘い。

左から3番目の赤いクールフランボワーズ、最初はそんなに酸味は無いな~と思っていたけど、最後の方は結構フルーツっぽい酸味を感じるようになりました。

右から1番目と3番目のジャンドゥーヤトルサードはシャリシャリしたチップの食感が楽しめるので、ちょっとした気分転換ができます。

この中で一番ビターだったのは、いちばん左の店名のついているピエールマルコリーニグランクリュかな?普段はあまりビターチョコは食べない私だけど、食べ放題ではこれくらいの甘さの方が食べやすいかもね。

9皿(63個)を完食した時点で残り25分。ラストオーダーまであと10分あるからもう一皿頼むかすごく迷ったけど。。。店員さんも「おかわりお持ちしましょうか?」と言ってくれたけど。。。25分あればあと一皿はいけるだろうけど、でも美味しい気分で食べられないような気がする。何せ7個あるんだもん。ノルマ達成しなきゃ的な感じになってしまいそう。だったら高級チョコに敬意を表して、美味しい気持ちのままで食べ放題の幕を引こうかと。。。珍しくオトナな私なのでした。

それにしても実質65分で9皿(63個)完食。これが多いのか少ないのか全くわかりません(イヤ、少なくはないだろうけど)。自分ではもっと食べられると思っていたので、自分の不甲斐なさにちょっとガッカリだったな。。。これではチョコが主食だなんてもう言えないなぁ。

でもこんな高級チョコをこんなにたくさん食べられるチャンスは滅多にないし、一人で参加したとはいえ十分楽しむ事ができました。こんな素晴らしい企画を立ててくれたピエールマルコリーニに大感謝です!

食べ放題終了まであとわずかですが、行くだけの価値はありますよ~。

興味のある方は急げ~!!

2011年10月21日 (金)

ピエールマルコリーニでチョコの食べ放題がっっっ! Ⅱ

さて、気を取り直して。。。ピエールマルコリーニでのチョコの食べ放題(チョコレートフリーというそうです)レポを。

もともと10月に有給をとる予定だった私は、その日を決行日に決定。一応何人か友人を誘ってはみたものの、日にちを指定してしまったので皆なかなか都合がつかず結局一人で突撃する事になりました。

平日の1日2回の食べ放題に参加するには、まず10時に配布される整理券をゲットしなければなりません。10時に行けばOK!なんてはずはもちろんなく、クチコミを見るとこれがかなりの激戦のようで。。。私が前日に電話で確認したところ、「日によって違いますが、本日は雨にもかかわらず8時前に配布予定人数に達してしまいました」ですと。。。これは気合いを入れていかねば!!!

という事で翌朝7:40にはお店に到着した私ですが、目の前には何と長蛇の列がっ!!!今月はもう休みが取れないのに、今日入れなかったらどうしよう!?とかなりドキドキしました。グループ内で一人でも並んでいればOKみたいなので、後から自分の前に何人入ってくるか全然わからないからね~。30組限定とはいえ、もし前の方に6~7人予定のグループがボコボコいたら、もうアウトだろうし。。。こんなスリルは久しぶりでした。ちなみに前の方に並んでいた人の話が聞こえてきたのですが、6:50くらいには並んでいたそうです。すごすぎ。。。

到着後5分くらいしてから、人数&希望時間の確認が始まりました。この時には恐らく入れる!と確信はしていたけど、人間って欲深いですよね。安心した途端次には「絶対11時枠に入りたい!」という願望が。。。だって一人で2時間半も時間潰すのキツイんだもん。でも結局何とかギリギリで11時枠に入る事ができたのでラッキーでした。

001

その後このようなメニューを配られ、店員さんからチョコレートフリーについての説明があります。

制限時間は90分、ラストオーダーは15分前だったかな?最初に左の7種類のチョコがのったお皿が配られ、全部食べ終えたら次の一皿を注文するんですって。好きな物だけをバラバラ頼むのではなく、いつでも7個で1セットなのです。私はヌガータイプやお酒の入ったチョコは苦手なのですが、今回の7種類には含まれていなさそうですね。よかった。

あ、ドリンクはホットの紅茶かコーヒー、1杯だけつきます。これは後ほど(入店前に)オーダー(砂糖、ミルクの有無も)をとるそうです。

前日は8時前に整理券が無くなったという事ですが、今回は8:50まで大丈夫でしたよ。やはり日によってマチマチなのね。まぁ、もちろんそんな時間に来ても時間選択の余地はなく、恐らく強制的に12:30の回になってしまうでしょうけどね。

整理券の配布は10時からと聞いていましたが、この日は9時半から配布開始。ドリンクのオーダーをし、ついに手に入れたのがコチラ!

002

チョコレートフリーの整理券だっ!!

これさえ手に入れれば、あとは11:00まで自由。時間までにお店に戻ってくればいいのです。

こんなに苦労して手に入れた整理券を。。。時間潰しに入った某コーヒーショップで写真を撮っていて、もう少しでテーブルの上に置いたまま帰りそうになったのは、ここだけのヒミツです。

直前でちゃんと気付きましたよ~~~bearingsweat01

2011年10月20日 (木)

ピエールマルコリーニでチョコの食べ放題がっっっ! Ⅰ

今、あ・の・ピエールマルコリーニで、10周年イベントとして90分1本勝負のチョコレートの食べ放題を行っています。

平日の11:00~12:30、12:30~14:00に各15組限定。終了期間は未定(状況次第)ということなので、チョコ好きとしてはこのイベントは絶対外せない!早く行かねば!!!と、早速突撃してきました。

友人達から「様子を聞きたい」という声を多数もらっていたので記事を書いていたところ、かなり進んだところで、今いきなりPCが落ちました。。。保存していなかったので、全てマッシロ~~~crying crying crying 私の頭もマッシロ~~~crying crying crying

心が折れたので今日はもうムリ。。。

なるべく早目にUPするようにするのでもう少々お待ちを~

あ、ちなみに終了期間未定という事でしたが、昨日10月いっぱいで打切りと発表されていました。興味のある方は急げ~~~!

2011年10月 2日 (日)

「王様のレストラン」のレストラン Ⅲ

マダム・トキのランチコースの続きです。

001

002

旬の桃の冷たいスープにコンソメジュレとイベリコ豚の生ハムを浮かべて」「長崎県五島イサキのポワレ 赤ピーマンのコンフィとタプナード、ドライトマトのジュ

桃の種類は確か白鳳と言ってたような気が。。。ヨーグルトのまろやかな味で一見デザート風なんだけど、生ハムとコンソメジュレが入っているので前菜感の方が強いです。なかなか面白い味わいでした。

イサキ自体は想像通りかなりアッサリでしたけど。このソースというかペーストがしっかりした味と食感で気に入っちゃいました。美味しかったです。

003_2

フォアグラと小エビを詰めた岩手花巻石黒農場のホロホロ鳥、エストラゴンの香るジュで

HPやお店にあったメニューでは、5,300円のコースだとメインのお肉はこのホロホロ子羊からチョイスできるようになっていたんですけど。

メインについては何も聞かれず、私達は強制ホロホロでした。まぁ私は最初からホロホロに決めていたので別に良かったんですけどね。人数多かったからかなぁ?でも普通は聞くよね?もしメンバーの中に鶏肉がダメな人がいたらどうするんだろ?って思っちゃいました。

でも味はすごくよかったな。お肉はとってもジューシー、ソースも絶品。フォアグラも海老も一緒に楽しめる贅沢な一品。今回のコースの中では一番気に入ったお料理でした。あ、そうそう。本来はジロール茸とねぎだったか玉ねぎが添えられているんだけど、私のねぎはブロッコリーに替えてくれていました。ありがとうございます♪

さて、楽しみにしていたデザートです!

こちらのデザートは単品のデザートかワゴンデザート、どちらか好きな方を選べるんです。単品の方も美味しそうなメニューがいろいろあるのですが、やはりここは初志貫徹。ワゴンデザートに決まりです。好きな物を何種類でもOKということなのでここは遠慮せず。。。全種類お願いしちゃいました。

でも私だけじゃないですよ~。3人も全種類頼んでました。1人は「食べきれないかもしれないから一口ずつ全種類ダメですか?」とお願いしてましたが、「物によっては小さく切ると形が崩れるからできません。。。」と断られてました。そこで諦めるかと思いきや、「食べきれなかったらるみおが食べるからいいよね」と結局全種類オーダー。。。頼むからいつも残した物の片づけ要員にするのは止めてくれ。。。

004_2

ワゴンデザート全種

全部で10種類かな?一口じゃダメなんて言うのでもっとボリューミーな物が来るかと思ってたら、それほどでもなかったな。もっとガッツリくるかと期待していたんだけど。

どれも普通に美味しかったけど、左の方にあるレモンケーキみたいな物がすごく懐かしい味で印象に残りました。プリンも美味しかったな。

これらのケーキは丸ごと全種類テーブルに運ばれてきて、その中から好きな物を選ばせてくれるんだけど(テンション上がります♪写真撮っておけばよかった。。。)、隣のテーブルでは運び終わるなり全種類説明してくれてたの。当然私達にもしてくれるんだと思っていたら、見事に説明ナシ。これは?って聞けばもちろん教えてくれるんだけど。。。例え全部頼むつもりでいても、でもちゃんと一通り教えて欲しかったよ。そこがちょっと納得いかなかったなぁ。。。何で私達には説明ナシだったの???

005

006

友人の中では一人だけ、単品デザートの「ミルフィーユ」を頼んでいました。ワゴンデザートに比べたらやはり見た目は美しいし、ゴージャス感がありますね。

他のテーブルで私が気になっていた桃のパフェを頼んでいた人がいましたが、かなり小っちゃかったです。私的にはワゴンで正解だったかな?

右の写真は、コーヒーと一緒にサービスされた「ギモーヴ&ドラジェ」。一応いただいたんだけど、元々あまり好きではないので(特にギモーヴ)とりあえずノーコメントで。

ずっと行ってみたかったマダム・トキ。メインのチョイスができなかったのと、デザートの説明が無かったのがかなり残念だったなぁ。。。あとこちらのマダムの評判が結構良さそうだったんだけど、私達には特に接触なかったんですよね。一見さんだからかなぁ?(友人は何度も行ってるんだけどね)

まぁ、ちょこちょこ残念な点はありましたが、でもお料理も美味しかったしお店も素敵だったのでそれなりに満足できました。今度はまたメニューが変わった頃にお邪魔してみたいです。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »