2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

旅行記(京都)

2008年5月26日 (月)

のんびり!?家族旅行 冬の京都 22 (お土産)

旅行中、他に買ったお土産はこんな感じです。

001_5002_3四条にある大丸京都店に入っている老舗の和菓子屋さん、笹屋伊織の「紫いもすいーとぽてと」と「栗大福」。

すいーとぽてとは大丸限定販売の商品だそうです。中には小豆が入っていて、しっとりとした食感。味はクリーミで、それでいて濃く甘くて美味しかったな。

003_2004_2005同じく大丸限定販売だった「栗きんとん」と「もんぶらん」。美味しそうだったし、思わず「限定」という言葉に惹かれて買っちゃったんだけど、後日大丸東京店でも売っているのを、私は、見た(泣)。そりゃ~、大丸京都店限定とは書かれてなかったけどさあ。。。何か騙された気分がするのは私だけ?まあ、美味しかったんだけどね。

006007008他には河原町にある京都タカシマヤで購入したのは仙太郎の「栗スマス あんトリュフ」、ホテルのお土産屋さんで購入した若菜屋栗阿彌」、祇園小石の「黒糖みつ」など。

あんトリュフと栗阿彌は期待していた分、ちょっと期待ハズレだったかも。普通すぎて。。。ちなみに栗阿彌は、東京駅近くの京都のアンテナショップでも売ってましたけど(涙)。

黒糖みつは、京都に来たらほぼ毎回購入するお土産です。デパートの中のショップではなかなか見かけないので、わざわざ祇園にある本店に行くのがちょっと面倒なんですけどね(行ってもいつも激混みなので、中でお茶もできないし)。でもこの黒糖みつで作る黒糖ミルクがメチャウマなのでついつい買いに行ってしまうんです。

009そして今回、私にしては珍しく購入してしまった一品がコレ。錦市場を散策している最中に見つけた佃煮屋さん野村佃煮 錦本店の「くるみちりめん」。甘辛く煮たちりめんと私の大好物のくるみがうまくマッチしていて、試食したら欲しくなっちゃったんだけど。。。一口くらいなら美味しいんだけど、やはり1パックはちょっと多すぎました。そもそも縮緬雑魚ってあんまり普段食べないし。すぐに飽きちゃって、後は実家に持って帰って家族みんなでいただきました。

010 私が今回の旅行で一番嬉しかったお土産がコレ、「バッグハンガー」です。ずっと前に某カフェで借りて以来ずっと欲しいなと思っていたんだけど、なかなか売ってないんだよね。たまにデパートとかで見かけると、結構高いし。高い割に柄がちょっとババくさかったり、あまり好みじゃなかったりで。。。

そんな中ホテルのお土産売場で、私好みのバッグハンガーを見つけちゃったんですよ。でもやっぱり高い!どうしても必要って物ではないから、自分で買うには躊躇しちゃうんです。柄は好きなんだけど、何も七宝焼きなんかにしないでもっと安くしてくれればいいのに~と思って見ていたら、るみおままが「気に入ったの?」と買ってくれました。

旅行中、いろいろお土産を買ってもらっちゃったけど、これが一番嬉しかったな。今回の旅行の、いい記念になりました。

【おしまい】

2008年5月25日 (日)

のんびり!?家族旅行 冬の京都 21 (お土産)

お漬物大好き!の両親を、ジェイアール京都伊勢丹The CUBEPortaなどを案内し、両親の買物が終了すると、やっと私の買物タイムです。両親を喫茶店で休ませ、猛ダッシュです!もうあまり時間が無いぞ~!!

と、言っても。駅周辺で買うのはいつもほとんど決まってるんですけどね。「京きなな」の「きなこじゃむとか「中村藤吉本店」の「ちゃこれーととか、「和久傳」の「くるみ。和久傳では初めて見た「蟹せんべい(海老だったかな?)」もすごく気になったんだけど、さすが和久傳、これまた高い!10個入りで1,000円!!これでイマイチだったら悲しいよな~と思って躊躇していたら、店員さんが試食用にと1個丸ごと下さいました。さすが和久傳、太っ腹!!でもせっかくいただいたけど、買うのは止めちゃいました。イヤ、美味しいですよ。上品な味付けで、ほんのり蟹(海老?)の風味がして。でも私、おせんべいはもっとガッツリ味の濃い方が好きなので。。。

あとは会社用のお土産を買って、無事買物終了。

夕食は実は両親を連れていってあげたいお店があったんですよね。The CUBEの中にある京漬物味わい処西利、お漬物のお店西利のイートインできるお店です。お漬物を使った懐石料理やお寿司、お茶漬けなどが食べられるので、お漬物が大好きな両親にはピッタリなお店だと思っていたんですが、こちらのメニューは全てお漬物を使ってるんですよね。それこそデザートにまで!そうなると、お漬物がダメな私には食べられるメニューが1つもないんですよ。。。だから両親だけ置いてきて、私は駅弁でも食べようかと思っていたら、さすがにそれは両親に却下されました。で、三人揃ってデパ地下でお弁当を購入です。

001_2002私は何度か購入したことのある「旬まい藤富」の「旬まい弁当」、両親は六盛の「お弁当」です。

本当は「はつだ」の「特製和牛肉弁当が欲しかったのですが、さすがに夕方に予約無しでは買えなかった。。。残念。

旬まい藤富は2年ほど前から展開されている焼売専門店で、焼売っぽくない具を使った変わり焼売が面白いんですよ。季節メニューとして、アボカド、穴子胡瓜、マンゴーミルク、長芋、数の子、金柑などもあり(どれも食べた事ないけど)、味は普通なんだけど毎回興味を惹かれてしまうお店です。お弁当用の焼売は3つなんですけど、食べたい焼売が多すぎて選べず、ジャガベーコン?を追加しちゃいました。

そんなこんなで両親の接待旅行も何とか無事終了。旅行が終わって半年近く経ちますが(ホント早いよな~)、いまだに両親は「京都、楽しかったね~」と言ってくれるので、ちゃんと親孝行になったみたい。よかった、よかった。

2008年5月21日 (水)

のんびり!?家族旅行 冬の京都 20 (南禅寺)

Kyoto 生 Chocolat Organic Tea Houseからは徒歩で、「絶景かな、絶景かな(by石川五右衛門)」で有名な南禅寺へと向かいます。

001_2002高さ22mの三門は有料になりますが、上ることができます。階段は狭く、結構急なので、腰痛のるみおままは下でお留守番。私とるみおぱぱだけ上りました。

石川五右衛門のセリフは創作のようですが、確かに眺めはいいです。近くには緑の中に浮かび上がる、周りの風景とは不釣合いな近代的な都ホテル、遠くには京都市街が望めます。

003004005時間が無いので、後は水路閣法堂をぱぱっと見ただけで終わってしまいました。方丈南禅院など、他にもいろいろ見所があったのに残念です。。。。

さて、観光はこれにて終了。最寄の蹴上駅からひとまず京都駅へ戻ります!帰りの新幹線までに、お土産を買わなきゃね。今回はずっとガイドばかりしていたので、まだ何にもお土産買ってないのよ。

2008年5月20日 (火)

のんびり!?家族旅行 冬の京都 19 (Kyoto 生 Chocolat Organic Tea House)

さて、鹿ケ谷山荘からの帰り。。。実はこの近辺で一度行ってみたかったお店があったんです。

001_3002岡崎にあるカフェ、Kyoto 生 Chocolat Organic Tea House。一度ここの生チョコを買ってみたかったんですよね。でもわざわざその為だけに、ここまで友人を連れていくのもな~と思っていて。。。鹿ケ谷山荘からはタクシーを使ったので、いい機会だったのでそのままこちらのお店まで来ちゃいました。外観は町家造りの純和風、まるで普通のお宅のようです。

003004門を入ると看板犬(?)が出迎えてくれました。きちんと手入れされているようで、毛並みがツヤッツヤでメチャクチャ綺麗!!そしてすごく大人しい(というか私達に無関心)です。

こちらでは中でチョコレートケーキと生チョコがいただけるようです。でも私はテイクアウト。3種類の生チョコの詰め合わせ、chocolat ミックスを購入しました。冬なのでそのまま持ち歩けるかな?と思ったんですけど、ここのチョコって冷凍だったんですよ。なので溶けないようにパッキングしてもらったら、それが結構大きな箱と保冷剤だったので何だか大荷物に。。。そして金額も結構かかったなあ。。。

005006でもチョコは激ウマでしたよ~。

スウィートビター抹茶の3種類で、生クリームがとてもまろやか。リキュールも濃いんだけど、全然お酒っぽくなくて美味しいです。抹茶も本格風味だし。

舌触りは滑らかなんだけど、冷凍チョコだから解凍の具合によってもちょっと変わってくるのかな?エアチョコみたいにフワっとポロっとした不思議な食感でした。これはケーキも試したくなってきたな~。デパートなどで、もっとお手軽に手に入れば嬉しいですね。

2008年5月18日 (日)

のんびり!?家族旅行 冬の京都 18 (鹿ケ谷山荘)

鹿ケ谷山荘のお料理です。

001002003湯葉」「鯛のお造り&ナンプラー」「日本酒

お刺身なのに、タレはお醤油ではなくナンプラー。。。こういうところが無国籍っぽくて面白いです。そして日本酒の中に入っている落ち葉が素敵♪前日調子に乗って昼も夜もお酒を飲んでしまった(量はそんなに飲んでないんだけどね)るみおままは、腰の痛みが悪化してしまったようで今日は禁酒してました。

004005湯豆腐

季節メニューなのかな?湯豆腐が出てきました。予約の電話をした時にそれは聞いていて、個人的にはあまりお豆腐に興味は無いんだけど、一品だけだしまあいいか、という事で。両親はお豆腐大好きだしね。湯豆腐、久々に食べましたよ。フツーに美味しかったです。

006007008お弁当」「御飯」「デザート

残念ながらこちらのお店のお料理は、ロケーションやインテリア、全体的な雰囲気に比べたら、ごくごく普通です。目新しいメニューがあるわけでもなく、味も可も無く不可も無くといった感じです。お料理だけで言えばCPはあまり良くないかな。

009010011コーヒー&プティフール

別料金になりますが、コーヒーもあります。私はコーヒーの違いがわからない女ですが、コーヒー好きの方には評判がいいようですよ、ここのコーヒー。気候のいい時だと、外のテラスでコーヒーがいただけます。今回は12月だったので、さすが外に通されませんでしたけどね。でも食後に「よかったら外の景色をご覧ください」と声をかけてくれました。プティフールの1つはシナモンの風味がちょっとキツかったけど、クッキーの方は食感がポルポローネみたいで美味しかったです。

012013周りには本当に何も無いでしょ?夜は夜で、きっと月や星がよく見えてこれまた素敵なんだろうなあ。。。静か過ぎてちょっと怖そうだけど。そしてランチ以上にかなり高そうだけど。

先程も言ったようにお料理だけだとまずまずなんですが、お店自体がとても素敵なので、トータルで考えると結構オススメです。落ち着いてお食事ができるので、記念日のお食事とか、両親を連れていったりするとかなり喜ばれるんじゃないかな、と思いますよ。

2008年5月16日 (金)

のんびり!?家族旅行 冬の京都 17 (鹿ケ谷山荘)

昔、歴史の授業で習った事のある「鹿ケ谷の陰謀」。その舞台となった鹿ケ谷の、鬱蒼とした林の中に佇む山小屋風の建物が本日のランチ場所、鹿ケ谷山荘になります。もう何年も前に、前の会社の先輩達と一緒に初めて訪れて以来、何度か訪れているお店です。

001_3002_3霊鑑寺のすぐ横の坂道をひたすら上っていくのですが、ここは迷わずタクシーを使いましょう。この坂はハンパ無いです!体力自慢の私でも、今まで徒歩で上ったことは一度もありません。この坂の為だけに霊鑑寺前からタクシーを使ったとしても、さすがにタクシーの運ちゃんも文句は言わないでしょう。。。。そんな坂です。

写真左のところでタクシーを降り、石段を登っていくと、そこが鹿ケ谷山荘になります。

003_2004_3005_4建物もお庭も、見ての通り純和風の造り。お料理も京料理というか、懐石料理というのかな?和食のお店です。

私はランチしか利用したことがないのですが、ランチコースは2種類あります。お値段は。。。忘れちゃった。5,000円くらい(安い方ね)だったかな?前はお店のHPがあったのに、今は無くなっちゃったみたいです。そこにお値段も書いてあったんだけどね。

006_3007_3008_2和風の外観とは裏腹に、中は思いっきりエスニック調というかオリエンタル調というか。。。調度品は私好みの物が多いんですよね。店員さんは、民族衣装みたいな長いズルズルした服を着ていて、とても不思議で面白い空間です。

恐らく二人くらいなら写真左に見える、1階のカウンターに通されるのではないかと思います。こちらは目の前の大きな窓からお庭を望む事ができます。

私は和室の個室しか使った事がないのですが、今回通されたのは写真真ん中の階段を登った突きあたりにある、屋根裏部屋。店員さんがわざわざ「屋根裏が空いたのでそちらにお通ししますね!」と言っていたので、人気のお部屋なのかなあ?

009010中はこんな感じ。屋根裏なのでお部屋の入口も天井も低くて頭をぶつけそうになりますが、隠れ家度が高く、とても落ち着きます。一部屋だけ離れているので周りに気兼ねせずにおしゃべりできるし。。。本当に陰謀なんかも企てられちゃう感じ。

やっぱり面白いな、このお店。

2008年5月15日 (木)

のんびり!?家族旅行 冬の京都 16 (永観堂)

さて、久々ですが京都旅行の続きです。

2泊したホテル日航プリンセス京都でチェックアウト。宿泊代とレストラン3回、ルームサービス2回、ミニバーを使用して、何と予算(マイルと交換したJALクーポン分)の20円オーバー!スゴイぞ!!そりゃ大まかに計算はしていたけど、ここまでピッタリだとは。「がっちり買いまショウ」(←知ってる?私も幼すぎる記憶でウロ覚えのTV番組ですが。。。)に出れるぞ~。

001002003 最終日の観光は、まずは東山の永観堂へ。

こちらで有名なのは秋の紅葉とみかえり阿弥陀と呼ばれる本尊の阿弥陀如来立像かな。左肩越しに首を捻った一風変わった仏像で、真正面からはそのお顔を拝むことはできませんが、お堂の裏側を回ると、ちゃんと首を捻った側から拝見できるのです。穏やかで優しげな表情をしていました。。。。撮影NGなのが残念!

涼しげな音色を聞かせてくれる、水琴窟もありましたよ。

004_2005_3006_2境内はあちこち修復作業中でした。工事は今年の10月まで続くようです。通路が一部閉鎖されたりしていて、ちょっと見学し辛かったですね。。。

そうそう、みかえり阿弥陀が安置されていたお堂も修理中だったのですが、入り口の所に「漆にかぶれる方はご遠慮ください」みたいな貼り紙が貼ってありました。漆の塗り替えでもしてたのかな?確かにかなり強い漆の香りがしてました。。。

007008009池には鴨も泳いでいます。

境内はかなり広いので、思いのほか時間が押してしまいました。この後ちょっと離れた場所でランチの予定なのですが、お店の予約時間をとっくに越えてしまって。。。。お店に遅れる旨は連絡しているのですが、結構人気のあるお店なのでガイド役の私としては気が気じゃなくて、ちょっとイラつき気味。反省です。。。

2008年4月25日 (金)

のんびり!?家族旅行 冬の京都 15 (お誕生日♪)

さて、残念な夕食になりましたが、今夜のメインイベントはこれからです。早くホテルに戻らなければ。。。

001002今日はるみおぱぱのお誕生日!

サプライズでケーキとシャンパンを用意してもらっていたのでした。

本当は前日に、ホテルでフレンチでも食べながらお祝いしようと思っていたんだけど、急遽嵐山に行くことになってしまったのでそれができなくて。今日は今日で京浜作を予約してしまっていたので、ルームサービスでお祝いするしかなかったの。それにしてもほぼ1日、誕生日に気付かぬ振りをしているのは結構大変だったよ。。。二人とも何も触れないのはおかしいので、るみおままに「私の居ないところで、朝おめでとうって言っておいてよ、私だけ忘れてるフリするから」と頼んだら、「お母さんも一緒に忘れてる振りする!」って、何でよ!それじゃ不自然だっつーの。

003004でも、二人で完璧に知らん振りしていたせいで、るみおぱぱは本当に私たちが忘れていたと思ったらしいです。旅行中だからバタバタしているしね。だからケーキが用意されているとは夢にも思っていなかったらしく、すごく喜んでくれました。よかった!

ケーキはもちろん美味しかったです。若い頃はショートケーキなんて絶対食べなかったけど(嫌いなわけじゃなくて、シンプルすぎてつまらないから。もっとオリジナル性あふれた凝ったケーキが食べたいし)、30才を過ぎた頃から、たまに無性にショートケーキが食べたくなるようになりました。もちろん美味しいショートケーキ前提ですけどね。

その日は半分だけケーキを食べ、残りは翌朝、ルームサービスの朝食と共にいただきました。ルームサービスなんてとったの、すっごい久しぶりのような気がする。。。優雅な一日の幕開けで、幸せです~

2008年4月24日 (木)

のんびり!?家族旅行 冬の京都 14 (高台寺 京浜作)

夕食は高台寺 京浜作で「湯葉懐石」を予約していました。こちらのお店は前に一度訪れた時、対応がちょっと?でしたが(予約を入れていたのに忘れられて、お店を閉められてしまった)、結局は入れてもらえたし、お食事もリーズナブルで美味しかったのでわざわざ両親を連れてきたのですが。。。。

001002003つきだし(青海苔とわさびで和えた湯葉)、汲み上げ湯葉&生湯葉」「炊き合わせ」「湯葉田楽

湯葉料理を中心としたコースなので、内容は前回(約2年前)とあまり大きな違いはなかったな。田楽はやっぱりとても美味しかったんだけど、前回程の衝撃はなかったです。

ちょっと気になったのが食事中、女将さんが電話で予約を受けている会話が、丸聞こえなんですよね。女将さん声大きいし、座席のある畳のお部屋が玄関のすぐそばだから。。。。その内容がお客さんの希望の予約時間を何とかもっと早めようと、すっごくしつこく勧めてるんです。前来た時もすごく感じたんだけど、どうもこちらのお店は閉店時間ギリギリまで居られるのがイヤみたい。お客さんだって(特に観光客なら)どうしても都合のつかない事が多いと思うんだけど、19:00くらいに入店すれば普通なら全然問題ないじゃないですか。それなのにもっと早く、もっと早く、みたいな事を延々言ってるんですよ。それをずっと聞きながら、前回のちょっとした不愉快さを思い出しちゃいました。

004005006湯葉衣天ぷら」「お麩のおまんじゅう」「お食事

ご飯は他のお料理が全部食べ終わった後に出てきたので、私的にはかなり困りました。お漬物食べられないし、おかずが無いと白いご飯だけでは食べられないので。結局ご飯、残しちゃいましたよ(お漬物は漬物大好き!の両親へ。。。) 。

007デザート」を食べ、お会計へ。。。ここで又不愉快な目にあいました。

両親を先に外に出して私がお会計をしたんですけど、カードが使えないと言うんですよね。雑誌にはカードOKと書いてあったのにおかしいな?と思っていたら言い訳するかのように、「機械はあるんですけど、それがちょっと使えないんですよ」との事。何じゃそりゃ。。。。と思いつつも、まあそれくらいは仕方ない事なので普通に現金で払ったら、今度は「細かいのは無いですか?」と言うんですよ。

別に100円の物を買うのに10,000円出した、とか言うんじゃないですよ?13,513円に対して14,000円ですよ?旅行中、小銭はお財布と別の小銭入れに入れている私。こんな料亭で1円単位までキッチリと払わされるなんて思いもよらなかったので、小銭入れなんてどっかに仕舞い込んじゃったよ。。。「ごめんなさい、ちょっとすぐに出ないので」と言ったら、「全然無いですかね」とシツコイ、シツコイ。

その強引さにちょっとイラっとして「こちらのお店ではお釣りも用意してないんですか?1円単位までキッチリ丁度払わなきゃいけないんですか?」と文句を言ったら、「いえね、おつりが無いんじゃないんですけどね。でもできたら細かいのをいただきたくて」とよくわからない言い訳。こっちもイライラして「それならば!」と畳の上にバッグの中身を全部ぶちまけて小銭入れを探し出し(そこまでやっても「もういいです」とは言わなかったよ。。。)、13,513円キッチリ耳を揃えて払ってやりました。

一瞬心づけでも要求してんのかな?とも思ったんですけど、別にそこまでの高級料亭じゃないし、食べたのはそんなに高いコースでもないし、何もサービスしてもらってないし、でもサービス料は10%ちゃんと払ってるし、前回来た時はそんなの渡してないし。。と思ってその考えは却下。後はおつりはチップにもらうわよアピールとか?どっちにしろ最後の最後で超不愉快になりました。

もう二度と行かないでしょう、高台寺 京浜作へは。お料理が美味しいだけにガッカリでした。

【おまけ】

こちらで飲んだ、月桂冠から出ている「京の泉」という日本酒がすっごく美味しかったの。女将さんに聞いたら、料亭専門に特別におろされている日本酒で、普通では手に入らないというではないですか。だったら飲むか!と調子に乗って飲んでいたんだけど、後日普通に京都駅のリカーショップで売ってました。

騙された!(怒)

2008年4月23日 (水)

のんびり!?家族旅行 冬の京都 13 (東福寺)

001002東寺からバスで一路、今度は東福寺へと向かいます。東福寺は私にとっては約1年ぶりの訪問かな?

写真左は東福寺への入口となる臥雲橋、写真右は臥雲橋から渓谷、洗玉澗を挟んで望む、通天橋になります。

003_2004前回は訪れた時は紅葉にはちょっと早くて、これが全て真っ赤だったらより素晴らしい眺めなんだろうなあ。。。次は絶対に紅葉シーズンに訪れよう!なんて思っていたんだけど(メチャ混みだろうけどね)。今回は逆にちょっと出遅れちゃいました。

木に残っている葉は赤ではなくて、枯れ始めの茶色。それでも地面は赤い絨毯で覆われていて、それはそれでとても美しい眺めでしたよ。

005006_2さて、有料の通天橋を渡ろうと受付へ行くと、何と閉まっているではありませんか。。。?なぜ???臨時休業?この先が又見所満載なのに~!左は、入れなかった通天橋の入口から中を覗き見た写真です。

ぜひ両親を連れていってあげたかったのですが、仕方ありません。少し戻って今度は方丈庭園の受付へ行くと、何とここも閉まってる!何て事!!

ちょうどお寺の方がいらしたので聞いてみると、今は冬時間として拝観時間が30分早まっているとの事。ショック。。。私たちが帰ろうとした所に、タクシーでかっ飛ばして来たというご夫婦がいらしたのでその話をすると、私たち以上に残念がっていました。そりゃそうだよね。。

まあ、境内の自由散策(通天橋の手前まで)は無料だし、紅葉後の景色もそれなりにキレイだったので、私たちはこれで満足するとするか。

さて、次は夕食です。何だか食べてばっかりだな。。。

より以前の記事一覧