2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

グルメ(洋食)

2011年10月 2日 (日)

「王様のレストラン」のレストラン Ⅲ

マダム・トキのランチコースの続きです。

001

002

旬の桃の冷たいスープにコンソメジュレとイベリコ豚の生ハムを浮かべて」「長崎県五島イサキのポワレ 赤ピーマンのコンフィとタプナード、ドライトマトのジュ

桃の種類は確か白鳳と言ってたような気が。。。ヨーグルトのまろやかな味で一見デザート風なんだけど、生ハムとコンソメジュレが入っているので前菜感の方が強いです。なかなか面白い味わいでした。

イサキ自体は想像通りかなりアッサリでしたけど。このソースというかペーストがしっかりした味と食感で気に入っちゃいました。美味しかったです。

003_2

フォアグラと小エビを詰めた岩手花巻石黒農場のホロホロ鳥、エストラゴンの香るジュで

HPやお店にあったメニューでは、5,300円のコースだとメインのお肉はこのホロホロ子羊からチョイスできるようになっていたんですけど。

メインについては何も聞かれず、私達は強制ホロホロでした。まぁ私は最初からホロホロに決めていたので別に良かったんですけどね。人数多かったからかなぁ?でも普通は聞くよね?もしメンバーの中に鶏肉がダメな人がいたらどうするんだろ?って思っちゃいました。

でも味はすごくよかったな。お肉はとってもジューシー、ソースも絶品。フォアグラも海老も一緒に楽しめる贅沢な一品。今回のコースの中では一番気に入ったお料理でした。あ、そうそう。本来はジロール茸とねぎだったか玉ねぎが添えられているんだけど、私のねぎはブロッコリーに替えてくれていました。ありがとうございます♪

さて、楽しみにしていたデザートです!

こちらのデザートは単品のデザートかワゴンデザート、どちらか好きな方を選べるんです。単品の方も美味しそうなメニューがいろいろあるのですが、やはりここは初志貫徹。ワゴンデザートに決まりです。好きな物を何種類でもOKということなのでここは遠慮せず。。。全種類お願いしちゃいました。

でも私だけじゃないですよ~。3人も全種類頼んでました。1人は「食べきれないかもしれないから一口ずつ全種類ダメですか?」とお願いしてましたが、「物によっては小さく切ると形が崩れるからできません。。。」と断られてました。そこで諦めるかと思いきや、「食べきれなかったらるみおが食べるからいいよね」と結局全種類オーダー。。。頼むからいつも残した物の片づけ要員にするのは止めてくれ。。。

004_2

ワゴンデザート全種

全部で10種類かな?一口じゃダメなんて言うのでもっとボリューミーな物が来るかと思ってたら、それほどでもなかったな。もっとガッツリくるかと期待していたんだけど。

どれも普通に美味しかったけど、左の方にあるレモンケーキみたいな物がすごく懐かしい味で印象に残りました。プリンも美味しかったな。

これらのケーキは丸ごと全種類テーブルに運ばれてきて、その中から好きな物を選ばせてくれるんだけど(テンション上がります♪写真撮っておけばよかった。。。)、隣のテーブルでは運び終わるなり全種類説明してくれてたの。当然私達にもしてくれるんだと思っていたら、見事に説明ナシ。これは?って聞けばもちろん教えてくれるんだけど。。。例え全部頼むつもりでいても、でもちゃんと一通り教えて欲しかったよ。そこがちょっと納得いかなかったなぁ。。。何で私達には説明ナシだったの???

005

006

友人の中では一人だけ、単品デザートの「ミルフィーユ」を頼んでいました。ワゴンデザートに比べたらやはり見た目は美しいし、ゴージャス感がありますね。

他のテーブルで私が気になっていた桃のパフェを頼んでいた人がいましたが、かなり小っちゃかったです。私的にはワゴンで正解だったかな?

右の写真は、コーヒーと一緒にサービスされた「ギモーヴ&ドラジェ」。一応いただいたんだけど、元々あまり好きではないので(特にギモーヴ)とりあえずノーコメントで。

ずっと行ってみたかったマダム・トキ。メインのチョイスができなかったのと、デザートの説明が無かったのがかなり残念だったなぁ。。。あとこちらのマダムの評判が結構良さそうだったんだけど、私達には特に接触なかったんですよね。一見さんだからかなぁ?(友人は何度も行ってるんだけどね)

まぁ、ちょこちょこ残念な点はありましたが、でもお料理も美味しかったしお店も素敵だったのでそれなりに満足できました。今度はまたメニューが変わった頃にお邪魔してみたいです。

2011年9月27日 (火)

「王様のレストラン」のレストラン Ⅱ

さて、初めての「マダム・トキ」では、5,300円のランチコース(税込・サービス料別)をいただきました。私達が行った時(日曜日)はこの他に7,400円のコースがあったのですが、今お店のHPを見るとちょっとお値段が違いますね。季節によって違うのかな?

001

002

アミューズの「トマトと苺のスープ リンゴのジュレ」「メバチマグロ赤身のマリネ エストラゴンの香るコンソメゼリー、色とりどりのプチトマトとモッツァレラチーズを添えて

お料理は丁寧に一品一品説明して下さるのですが、ちょっと聞き取りづらかったのが残念でした。

トマトと苺の組合せってお互い味がケンカしちゃうんじゃないかと思ったのですがそんな事はなく、程良い酸味と甘みがそれぞれ主張しながらも、それにジュレのデロンとした食感(例えがヘン?)がよく絡んでいい感じにまとまっていました。少量ながらも結構濃厚な味。

対してマリネの方は涼しげなさっぱりした一品。そういえばモッツァレラチーズをこんな塊で食べたのって久々のような気がする。。。相変わらず面白い食感だよなぁ。量も見た目もかわいらしい前菜でした。

003

004

005

パン

全部で6種類あったのですが、結局一人で全種類制覇してしまったよ。。。デザートをガッツリいきたかったので、パンは自重するつもりだったのに。。。反省です(←いつもこればっか)。

実は「マダム・トキ」のお料理で楽しみにしていたのが、デザートバター

幻のバターとよばれる、あのカルピスバターに手を加えて、お店オリジナルの特製バターを作っているそうで、すごく評判がいいんですよ。バター好きとしてはかなり期待していたんだけど。

お客さんの目の前で大きな塊から切り分けてくれる。。。というクチコミがあったのですが、私達の分は最初からお皿に乗せてあった物を運んで来たような?切るところを私が見ていなかっただけ?

そして肝心のバターですが。。。写真撮ってなかったweep

ホイップされているそうで、白くてフワフワ。口の中でサッと溶けるような、とても軽い食感。味はちゃんとバターの味がするんだけど、想像していたよりかなりアッサリしていたなぁ。。。塩分の濃い濃厚なバターが好みの私は、期待していた分かなりガッカリしちゃったかな。。。これはまぁ、好き好きなんだろうけどね。

どれくらい私がガッカリしたかというと。。。一人で6個もパンを食べれば、そりゃああっという間にバターは無くなります。普通だったらパンのおかわりと共に「バターも下さい!」と頼み、パンにタップリつけて食べる私が。。。わざわざおかわりを頼まず、隣の余ったバター(隣って言ってももちろん同じテーブルの友人の分ですよ)で間に合わせちゃったくらいです。友人達の「(バター大好物なんだから)遠慮せずに頼めばいいじゃん」という言葉にもテンションが上がらないくらい、私的にはガッカリだったわけです。でもあくまでもこれは好みの問題ですからね!一般的にはかなり評判いいです、こちらのバター。

そうそう、デザートを食べていた時にふとカウンターの方を見ると。。。初めて見るシンプルな白いホールケーキが!「新しいケーキ来たよ!」と声を上げる私に振りかえった友人が一言。「アレ、バターだよ。。。」

そうです。私のお口にはあまり合わなかったマダム・トキ特製バター。私がホールケーキと見誤った物体こそが、噂の大きなバターの塊だったのです。そこからその大きさをぜひ想像してみて下さいな。

2011年9月26日 (月)

「王様のレストラン」のレストラン Ⅰ

15年ほど前かなぁ?「王様のレストラン」という私の大好きなドラマが放送されていたのですが、ドラマの面白さもさる事ながら、その舞台になったレストランがとても素敵だったんです。

それが代官山にある、一軒家のフレンチレストラン「マダム・トキ」でした。

ずっと行ってみたかったのですがなかなかタイミングが合わず、行きそびれていて。。。それが15年も経った今となって、ひょんな事からいきなり訪問の運びとなりました。

001_2 そうそう、コレコレ。この外観ですよ。懐かしい。。。イメージ的には住宅街の中にひっそりとたたずんでいるイメージだったけど、実際のお店は旧山手通り沿いの、人通りの多い賑やかな場所にありました。イメージはちょっと崩れたけど、でもお店自体は写真の通り、とっても素敵♪

002_3

003_2

門をくぐると、向かって左がレストラン(写真左)。ドラマの登場人物達が、よくこの建物を行き来していたよなぁ。。。夜のシーンが多かったから、ちょっと雰囲気は違うけど。ちなみにドラマのレストランの中の撮影はセットだったみたいで、実際のお店とは全然違いました。

このレストランの扉を開けると、いきなりダイニングルームとなっていたのでちょっとビックリ。一軒家のフレンチレストランなのにこの間取りはちょっと珍しくない?私達はこのお部屋でお食事したのですが、奥や2階には個室があるみたいです。お手洗いに行く途中に螺旋階段がチラッと見えたけど、なかなか素敵な雰囲気でしたよ。

写真右は、併設されている「パティスリー マダム・トキ」。小ぢんまりとしたお店ですが、レストランでいただくパンやデザートを販売しています。帰りに ちょっと覗いてみたけど、もしお腹が一杯でなければいろいろ買っちゃってたかもね。

2011年9月19日 (月)

東京国際空港国際線旅客ターミナルビル(ながっ!) Ⅱ

東京国際空港国際線旅客ターミナルビル。一通り見学した後は、空港内で夕食を。

エッセ ドゥエ イル ビナーリオに入ってみました。赤坂に本店がある有名なイタリアンのお店です。時間が早かったので店内はガラガラ。。。というか、誰もいない。有名店とはいえ、大丈夫なのかな?とちょっと不安になりましたが。

001

002

国産牛肉のカルパッチョ パルミジャーノ風味のマッシュルームのサラダ添え」「煮込み野菜とモッツァレラのオーブン焼き

カルパッチョが美味しかった。全体的にかなり味が濃いかな?私はその方が好きだけど。。。お酒もすすむし。

全然ソムリエっぽくない普通の店員さんにワインを1本頼んだのですが、きちんと丁寧にワインの説明をして下さったのにビックリでした。多分品揃えはそんなに多くないんでしょうけど、でもこちらの要望に合うワインを用意してくれたのがなかなかよかったです。

003_2

004_2

ピザは二品注文。

左の「ビスマルク」は半熟タマゴベーコンモッツァレラパルミジャーノブラックペッパー入り。右の「ボスカイオーラ」は 自家製ソーセージキノコモッツァレラパルミジャーノのピザでした。

果たしてブラックペッパーを一つの具として数えるのはアリなの?という気もしますが、それは置いといて。

ピザは生地がモッチモチ。弾力性があるので、小さい割には食べ応えがある方かも(よく噛まなきゃいけないからね)。耳の方までモチモチしているので、最後まで美味しくいただけました。

005

ホタテの小柱と緑野菜のアーリオオーリオ スパゲティ

一皿一皿のボリュームは決して多くないので、そこがちょっと物足りない気がしました。本店には行った事がないので比べようがないけど、でも全体的にはフツーに美味しいイタリアンって感じかな。

あ、私達が食事を終える頃には店内は満員で、お店の外では並んでいる人もいました。それがわかったので慌ててお店を出たのですが、あまり長居をできるお店ではないのかも。まぁ、空港にあるお店なので、そもそも長居をするお客なんてあまりいないのかもしれませんが。。。

店員さんは皆接客は丁寧なのですが、何しろ愛想がなくそっけない。別にヘラヘラする必要はないけど、あまりに味気ない感じなのでそこがちょっと残念だったかな。

でも今度は本店の方にも行ってみたいな。。。と思えるお店でした。

2011年8月12日 (金)

お気に入りのアップルパイ♪

1年に1回くらいしか行かない二子玉川。去年はSHUTTERSに行ってきました。

スペアリブとアップルパイが有名なSHUTTERSは地元にもあるのですが、実は一回も行った事がないのです。代官山にもあるんだけど、「地元にあるのにわざわざ代官山で行かなくても。。。」なんて思ったりしてると、なかなかね。

そのSHUTTERSが二子玉にもできたと友人から聞いたので、これを逃すと一生行けないかも!(←大げさすぎ)と、平日のランチタイム(まだその頃プーだったの)に突撃してきました。

001_2

002_2

スペアリブもアップルパイも両方食べたかったので、どちらも入っている2,000円コースをオーダーしました。これは平日限定みたいですね。

サラダ(豆腐と水菜)」「スープ(トマト風味だったかな?)」

まあ、これはごくごくフツーでした。

003

004

そして「スペアリブ(しょうゆ味)」「豆腐と水菜のトマトソースパスタ

さすがにスペアリブは美味しかったです。お肉はトロトロに柔らかく、味が深く染み込んでいてウマウマ。お店の人に「ナイフ無しでも食べられるくらい柔らかいですよ」と言われたけど、さすがにナイフ無しでは無理でしたよ。。。味は8種類あるそうなんだけど、私がしょうゆ味を食べてるって事は、このコースのスペアリブはしょうゆって決まってたんだね、きっと(←もう忘れてます)。だって選ばせてもらえるんだったら、絶対にガーリックかマヨネーズ味を選んでいるハズだからさ。でもシンプルだけどしょうゆも美味しかったです。写真は2人前だけど、リブの大きさがバラバラなのがちょっと気になりました。。。分ける時にケンカになったら困るじゃないですか~(もちろん私の事ではないですよ!)

パスタの写真は、2人前だったかなぁ?多分1人前ではなかったような気が。。。味はフツーに美味しかったです。サラダとパスタの種類は日替わりだか週替わりだかで替わるみたいでした。

005

アップルパイアラモード(チョコレート)

食べ応えのありそうなアップルパイ。ソースは6種類の中から選ぶ事ができます。私はメープルシロップと迷った挙句、結局基本(?)のチョコレートに。

熱々でサックサクのパイと冷たいバニラアイスに甘いチョコレートソースが絡むと絶妙な味わいになります。お皿の上のナッツの食感もいいアクセントになっていて、すごく美味しかったです。

実は私、アップルパイってそんなに好きじゃないんだよね。シナモンがダメっていうのが大きいんだけど、でもクタクタしたリンゴが入っているパイよりは、ミートパイとかマロンパイの方が好き。でもたまに挑戦したくなっちゃうんだよなぁ。

このアップルパイは気に入ったぞ~~~

るみおままの手作りアップルパイ、マッターホーンのアップルパイに続いてお気に入りのアップルパイとなりました。

全体的なボリュームはそんなにあるわけじゃないけど、でもこれで2,000円だったらなかなか満足はできると思います。平日限定じゃなくて、土日もあればいいのになぁ。。。

2010年7月 8日 (木)

ランチワイン

土曜のお昼からお酒が飲めるお店。。。という事で、元同僚が探してくれたお店に行ってみました。有楽町にあるワイン居酒屋 TOKYO VINVINです。

001ランチサラダ

本当はアラカルトでいろいろ頼みたかったのですが、ランチタイムはランチメニューしかダメなんですって。残念。。。

これはそのランチメニューについていたサラダです。

002 003チキンのチーズ焼きトマトソース」「牛すじ 東京煮込み

ランチメニューは、日替わりメや煮込み料理など5~6品の中から好きな物を選べたような気が。。。今回は飲みがメインだったので、つまめそうなこの2品を選んでシェアしました。パンとライスと別々に頼んで、こちらもシェア。

飲みながらいろいろ話しこんでいたら、あっという間に通常メニューが頼める時間帯になっちゃいました。どれだけおしゃべりしてたんだ。。。

で、早速追加注文。

004 005ゴルゴンゾーラチーズのピッツァ」「苺のピッツァ

苺の方はデザートのつもりで。

どっちも生地がカリカリパリパリして美味しい♪

クセのあるゴルゴンはワインによく合うし、苺の実とジャムの乗ったピザは甘くて食べ応えもあり、ちゃんとデザートになってます。注文する時はピザで被っちゃうね~と話していたのですが、全く違う味が楽しめて全然問題なし。美味しかったです。

ちなみにランチメニューには1ドリンク付いていたので、苺のピザと一緒に持ってきてもらいました。ランチタイムはとっくに過ぎていましたが大丈夫でしたよ。

ビルの地下で場所がわかり辛い所にあるお店でしたが、夜にはかなり賑わっていました。今度はランチタイムではなく、夜に行ってみるかな。

2010年6月28日 (月)

BAR ESPANOL LA BODEGA(バル エスパニョール ラ ボデガ) Ⅱ

日比谷のスペインバル、BAR ESPANOL LA BODEGAの続きです。

001 002ナスのグラタン」「白魚のガーリック煮

食べずに飲んでばかりいる同僚に「少しは食べなよ。好きな物を頼みなよ~」と勧めたら、選んだのが白魚って。。。栄養はあるかもしれないけど、食べた気がしなくないかい?お腹にたまらないぞ~~~

003

生ソーセージと栗のパエリャ(3人前)

パエリアの種類が豊富なので、どれを頼むかすごく悩みます。悩んだ末に季節限定メニューだったかな?栗のパエリアを頼んでみました。ちなみに注文は2人前以上からです。

サフランの風味とソーセージの肉々しさ、栗の甘味、レモンの酸味が結構合って、思っていたより全然違和感無いぞ。日本語がヘンですが、普通にすごく美味しかったです。

004 005 006クレマ・カタラナ」「シフォンケーキ」「いちじくのアサド

デザートといえば、しばらくぶりに会った同僚が隣に来て、まず最初に発した言葉が「るみおさんって相変わらずケーキのホール食いしてるんですか?」。・・・会社でホール食いした記憶、多分、無いし。目立つような事はしていなかったと思うんだけど、なぜか変なイメージを持たれているみたいなんだよね。勘違いしている人が多くて困りますわ。。。

まぁでも楽しい飲み会でした。仕事で来れなかった同僚は何人かいたけど。超難関の資格試験に合格した同僚がいたので「高いワインで乾杯しよう~」と計画していたのに、当の本人が来れなかったのがちょっと残念だったかも。

サングリアをはじめドリンクの種類も豊富だったしお料理も美味しかったので、個人的にはまた行っていろいろ頼んでみたいと思ったお店でした。

2010年6月24日 (木)

BAR ESPANOL LA BODEGA(バル エスパニョール ラ ボデガ) Ⅰ

先日の飲み会は参加できなかったけど、前の会社の同僚達とはメンバーが多少入れ替わりながらもよく飲みに行きます。個別に出かける人もいるし、退職してからも皆仲がいいかも。

今回(と言っても昨年末だけど)訪れたのは、日比谷にあるスペインバルのBAR ESPANOL LA BODEGAです。

001 002パン

パンはお通しの代わりだったのかな?途中で人数が増えたのでおかわりをもらったら、今度は焼き色が入ってました。なぜ違うの?

後から出てくるお料理のオイルやソースをつけて食べると激ウマでしたね。

003_3 004 005ハモン・セラーノ(M)」「ジャガイモのトルティージャ(スペインオムレツ)」「クロケッタス(生ハム入りクリームコロッケ)

やはりスペイン料理のお店だからか生ハムが美味しいです。一応大きい方(M)を頼んだんだけど、もうちょっと食べたかったな。

006 007 008チーズの盛り合わせ」「静岡県長谷川豊産マッシュルームのガーリック煮」「小海老のフリット

このガーリックオイルがね、たまらんのですよ。太るだろうなと思いつつも美味しくて止められません。

お料理はどれも美味しいんだけど、どれも量が少なめかな。大人数で行く場合は一皿だけだと足りないかもね。

009 010ムール貝の土鍋煮 トマトソース

ちなみに左は同僚の撮った写真。まぁ、撮った場所(席とか体勢)の問題もあるけど、それを抜きにしても左の方が美味しそうだ。。。同じデジカメで撮ったのにおかしいな。

同僚の写真はいつもステキで、それを使った彼女のブログはとても華やかでセレブな感じ。

うらやましいぞ~~~

2010年6月18日 (金)

千疋屋ディナー Ⅱ

千疋屋 DE METER ディナーコースの続きです。

メインのお肉は5種類くらいから選べました。

001 002 003 左から「」「子羊」「メンチカツ

他にビーフシチューサーロインもあったみたいだけど、私にはサーロインという店員さんの声が聞こえなかったのですよ。。。

そこで鴨とメンチカツで迷い、ちょっとギトギト系が食べたい気分だったのでメンチカツにしてみました。お味の方は。。。多分いいお肉は使っているんだろうけど、まぁメンチカツはメンチカツだなって感じでした。要するにフツーのメンチカツ。やっぱり鴨に。。。いやサーロインさえ聞こえていれば。。。(涙)

さて、この他にお食事が付きます。ミニサイズですが、これは嬉しい♪

004 005スペシャルハッシュドビーフライス」「オムライス

あとマンゴカレーライスもあったな。カレーと悩んだ末、私はオムライスに決めました。結構しっかりとした味付けなので、少量ですが食べごたえはありましたよ。

ちなみにお店に行く前に「最後にご飯ものが出てくるから!お腹いっぱいになるから注意して!!」と何度も言っていた友人は、これらが出てきた瞬間「すっかり忘れてた!もう苦しい。。。」と青くなってました。あれだけ言ってたのに。。。

さて、確かデザートも4~5種類くらいから選べたハズ。

006 007クイーンストロベリーのシャーベット」「ミニパフェ

実を言うと、あまりフルーツに興味の無い私は、コレといったものが無かったんですよね。で、とりあえず「ミニパフェ」でいいや。。。という気持ちで頼んだんですけど、いやはやコレが美味しいのなんのって。サイズはミニでもさすがフルーツ屋さんのパフェ!

盛ってあるフルーツはもちろん、中のバナナアイス、マンゴーシャーベット、すり潰した苺など全てが激ウマです。パフェ好きの私ですが、今までフルーツパフェを頼む事って皆無に等しかったんです。いつもマロンとかチョコとかコッテリ系ばかりで。。。でもこれくらい美味しいパフェなら、又頼んでみたいな。ちょっとフルーツパフェを見直しちゃいました。

変なところで感動しちゃったディナーですが、全体的にもかなりの満足感がありました。ご馳走様でした~~~

2010年6月17日 (木)

千疋屋ディナー Ⅰ

友人のオススメという事で、千疋屋 DE METERでディナーを。

日本橋三井タワー内にあるお店だけど、外から見る分ではかなりカジュアルな感じだったのでジーパンで行ってしまった私。手前に見えていたのはフルーツパーラーの方だったみたいで、DE METERはもっと奥にあり、(景色はよくないけど)ガラス張りの小洒落たお店。スカートでいけばよかった。。。もちろん何も言われませんが、気分的に失敗でした。

気を取り直して、と。

001 002_2シーフードカクテル」「パン

ホタテ、タコ、甘エビ、ハタなどのシーフードの他に、トマト、オクラなど盛りだくさん。ちょっとテンションがあがるような前菜です。

パンはおかわり自由。バターも一人一人個別にいただけるので(おかわりも!)、調子にのって4~5個食べてしまいました。結構美味しかったのよね、パンも。。。

003_3 004コンソメの洋風茶碗蒸し」「ポテトのクリームスープ

2品目の前菜は海老やブロッコリーの入ったアッサリ味の洋風茶碗蒸しの上に、濃厚なフォアグラのポワレが乗っていました。

最近お肉が食べられなくなってきた友人はしつこいと言っていたけど、私的にはかなりイケました。フォアグラ、うま~~~♪

005真鯛のポワレ

メインはお魚とお肉と両方出ます。今日のお魚は真鯛。アメリケーヌソースがかかっています。

アメリケーヌソースというのは、海老の殻などから作ったオレンジ色のソースの事。前にテレビで女優の大地真央がこのソースを連呼していたのですごく気になっていたの。こんな所で食べられるとは。。。薄味の真鯛に、シーフードの旨みが詰まったソースがよく合ってました。

006_2 皆気になりながらも、怖くてなかなか頼めなかった「アボカドジュース」(シェイクだったかな?)

一口もらったら、ずんだっぽい味でフツーに美味しい。もっと奇抜な味を想像していたので何か拍子抜けだったな。

私は専らカシスオレンジを飲んでいました。やはりフルーツのお店だから、オレンジもいい物を使っているのかしら?オレンジが甘く濃厚で、かなり美味しかったんですよ。。。

より以前の記事一覧