2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リスト

  • 人気美容・健康BLOG

グルメ(中華)

2010年8月 3日 (火)

「中国料理 唐宮」のディナーコース Ⅱ

ホテル日航東京内にある「中国料理 唐宮」の10,000円コースの続きです。

001 002 フィンガーボールが必要だったのはコチラ。「新潟アンコウの煮込み ハスの葉包み

ハスの葉をひらく時に若干手が汚れるので、それ用だったみたいです。

アンコウ、大好きなんだけどなかなか食べる機会がなくって。久々なので嬉しかったです。ハスの香りがほんのり香って、上品な味付けでした。アンコウ、やっぱり美味しい♪

003ふかひれ入りつゆそば

アンコウもつゆそばも写真は一人前です。

昔ながらの中華そばといった感じの素朴な一品でしたが、フカヒレもちゃんと中に入っていましたよ。細麺であっさり目な味付けなので、私的には少し物足りない感じがしました。もう少しガッツリいきたかったかも。

004 005越後姫入りプリン」「新潟米粉を使った中華菓子

デザートは二品。

越後姫という苺のプリンと、ハスの実の餡が入ったお饅頭。皮がほんのり桜風味でこれまたお上品なお菓子でした。

素材のせいか、やはり最後までガッツリ中華という風ではなかったです。全体的に薄味だったし。。。コッテリした中華料理を食べたい!という人はちょっとガッカリしてしまうかも。それともアラカルトメニューだと又違うのかな?

あとちょっと気になったのが。。。サービスのタイミングがよくないんですよね。

店内はそんなに混んでいなかったのに、前のお料理を食べている時に次のお料理を運んでくるとか、まだお皿に残っていて明らかに食べかけなのに下げようとしたり。え?と思う事が何回かありました。接客自体はとても丁寧なんだけど、何とも間が悪い。。。それがちょっと残念だったな。

2010年7月30日 (金)

「中国料理 唐宮」のディナーコース Ⅰ

以前たまっていたJALクーポンでさくら」の和食コースをいただきましたが、クーポンがまだ残っていたので今度は「中国料理 唐宮」で両親とディナーを。こちらのお店はさくらと同じくホテル日航東京内にある、結構有名なお店です。

今回はJALクーポン用のお得な10,000円コースをお願いしました。ちょうど新潟フェアを開催していて、主に新潟の食材を使ったメニューとなっていましたよ。

001 002お通し」「新潟産鮮魚のお刺身入り前菜

ピリ辛のお通しは紹興酒によく合います。るみおぱぱは紹興酒用に梅干しを頼んでいましたが、こちらのお店には置いていなかったようで残念がってました。

前菜は左からノドグロのお造り さくらのソース鰆の南蛮漬けと蓮根チャーシューカニのムースです。

どれも美味しいんだけど、食材のせいかあまり中華!って感じはしなかったですね。

003 004ふかひれスープ 新潟舞茸の香り」「南蛮エビの山椒塩炒め

どちらも3人前だったと思うのですが(エビは確実にそう)、ちょっとうろ覚え。

スープがかなりの薄味だったのでちょっとショック。薄味が好きな両親でさえ物足りなさそうな事を言っていたので、かなり薄かったんだと思います。。。

エビの容器も食べられます。麺を揚げたような感じで、いいおつまみになりました。

005にいがた和牛の炒め 特製ソースをかけて

こちらは1人前。

今回のメニューの中で、コレが一番美味しかったです。バジルっぽい濃いソースがお肉によく合って、かなり美味でした。お肉自体もすごく柔らかかったし。。。両親も一番コレが気に入ったと言ってました。

006_2 そして運ばれてきたフィンガーボール。。。中華でフィンガーボールって初めてかも!?少し色が付いていたけど、中身はお茶なのかな?

さて、これを使う次のお料理は一体何でしょう???

2009年9月 7日 (月)

「中国茶館」の中華食べ放題 Ⅲ

中国茶館の食べ放題の続きです。

001にくまん

このあたりで友人の一人が急失速。にくまんはいらないというので1個だけ頼んでもう一人と半分こしました。店員さんに「1個でいいの?1個で大丈夫?」と聞かれたけど、もう一人の友人は半分以上は食べられないと言うのでね。。。

友人達の胃袋に不安をおぼえたので、一旦デザートにシフトする事に。。。その後で食べ物分は個人活動(?)しようと思ったら、デザートを頼んだらそれがラストオーダーになるというではありませんか!(多分時間的にそうだったんだろうけど)

002003大根モチ」「焼きギョウザ

美味しかった大根モチを2個再度オーダー(友人が1個持っていっちゃった後なので汚らしいけど)。で、一人で一品料理を食べるのはさすがにツライので飲茶をいくつか頼もうとしたんだけど、蒸す関係上か1個ずつでのオーダーはダメだと断られてしまいました。友人たちは「もう無理」というので飲茶は諦めましたよ(涙)。代わりに5個入りの焼きギョウザをオーダーしましたが(←ギョウザなら1個ずつ食べられると言うので)、これはつまらなかったし(家でも食べられるからね)、味もフツーでした。

004005006蓮の実あん入り桃まんじゅう」「ライチシャーベット」「ウーロンゼリー

私はウーロンゼリー以外の全品を頼んだんだけど、一番美味しかったのはライチシャーベットだったな。カチカチだったのでちょっと食べ辛く、そしてめちゃくちゃ体が冷えたけど。ウーロンゼリーは甘くなさそうなので止めたんだけど。友人のを一口もらったらゼリー部分は確かに甘くないんだけど、上にかかっているミルクが濃厚で甘かったので一緒に食べるとちょうどいい感じでした。意外に美味しい♪

007008アンニントウフ」「マンゴープリン

この2品はイマイチ。。。いやイマサンだったかな。昔ながらの中華デザートが好きな人は好きかもしれないけど。でも私はこれを頼むんだったら、桃まんじゅうをもう1個とウーロンゼリーを頼めばよかったと思いました。

とにかく安くておいしいお店でした。オーダー内容としてはもうちょっとイケるかと思ってたんだけど。でもまあ、今回は友人たちが潰れてしまったので仕方なかったけどね。

一つ気になったのが、マンガには90分というのはオーダーの時間制限であって、それ以降でも席でゆっくりできると書いてあったんだけど。お店が混んでいたせいもあるかもしれないけど、ゆっくりお茶を飲む間もなく食べたらすぐに出されてしまいました。それが悲しかったです。。。   

2009年9月 4日 (金)

「中国茶館」の中華食べ放題 Ⅱ

よしながふみ著マンガ「愛がなくても喰ってゆけます」にも載っている、池袋の中華屋さん中国茶館での食べ放題の続きです。

お店が混んできたせいか、早め早めに注文しないとテーブルの上が空っぽになってしまいます。食べ放題なのでそれは勿体無い。。。注文は先を見越して早めにしておく事をオススメします(←後で『やっぱりお腹がいっぱいになっちゃった!』と残すのはダメですよ。食べられる分だけね)

001002鶏の足先正油煮」「エビアーモンド揚げ

鶏の足先は、マンガを読んでいる友人が「確か鶏で正油煮がオススメ!って書いてあった」と言うので、コレかな?と思って頼んでみたのですが。。。今回の中で一番のハズレでした。

見た目はグロイし(私達は気に全然気にならないけど)、何より食べる所がない!肉がついてないからね。。。しゃぶってると濃厚な鶏の味はするのですが、ただそれだけ。それどころか口の中でポロポロと砕けて結構不快な感じでした。

ちなみに家に帰って調べたら、マンガに書いてあった一品は「手羽先の正油煮」でした。惜しい!!

003_2004_2005水晶海鮮巻き(えび)」「海鮮ひすいギョウザ」「中華風おこわ

今度はセイロ、すぐに下げられませんでした。

おこわはちょっと水っぽかった(柔らかい)かな~?

006007008春雨入り小龍包」「ホタテのシュウマイ」「香港風クリーミー巻揚げ

このクリーミー揚げが面白かったな。決して美味しい!というわけじゃないんだけど(すみません。。。)、中のホワイトソースのおかげで中華みたいな洋食みたいな不思議な味になっていました。

さて、別料金のドリンクですが。

今日は食べ放題だし、健康の為に皆アルコールはナシ。お茶の種類が豊富との事なので、いろいろなお茶を飲んでみる気マンマンだったのに。。。酷く暑い日だったので皆ずっと「アイスウーロン茶」。普段ホットしか飲まない友人までアイスウーロン茶。でもこれが結構濃い美味しいお茶だったので皆気に入ってました。

せっかくなので、最後の方には「グループ茶(3~4人前)」というのも頼んでみましたよ。お茶の専門店でよく見るような、急須の上からお湯をジャバジャバかけるパフォーマンスをおばちゃんがやってくれます。2杯目からは自分たちでやらされましたが。。。これは友人が見よう見まねで入れてくれました。何のお茶かはよくわからなかったけど、これも美味しかったです。

ちなみにこちらではお茶のボトル(缶?)キープもできるんですってよ!面白いね。

2009年9月 2日 (水)

「中国茶館」の中華食べ放題 Ⅰ

昔、友人が私にピッタリだとプレゼントしてくれたグルメマンガ、よしながふみ著「愛がなくても喰ってゆけます」

このマンガに登場する魅力的なお店を、『よしながふみグルメツアー』と勝手に称して過去に食べ歩いて参りました。「bagel」「イル・プリモ」「安斎」「鮨たなか2回)」「北島亭」に続き、今回訪れたのは中華料理屋さんの「中国茶館」。食べ放題がオススメだそうです。

001お店は池袋駅西口より徒歩5分くらいかな?入口は狭く、フツーの小さな中華屋さんって感じなので、うっかりすると思わず通り越してしまいそうです。

そうそう。今回ぐるなびの予約システムを使って予約をしたら、何とお店に予約が通っていませんでした。なぜ?

何の音沙汰もないので、こちらから確認の電話をしたからよかったものの。。。結構混んでいるお店なので、予約はしておいた方がいいと思いますよ、電話でね。。。私の場合日本語が下手な人が対応してくれましたが、とりあえず電話での予約はちゃんと成立しました。

ちなみに食べ放題は90分一本勝負で2,625円(税込)也。ぐるなびクーポンを持参すると10%引きにしてくれます。ドリンクは確か別料金だったハズ。

さて、肝心のお料理は?

002003大根モチ」「干し大根と玉子焼き

食べ放題はオーダー制。写真入りの通常メニューの中から、食べたい物をどんどん注文していきます。

大根モチの写真は2個だったので、3名だった私達はお店の人に相談すると3個で持ってきてくれました。数量はお願いすれば融通を利かせてくれるみたいです。

玉子焼きはちょっと塩辛かったかな。でも中の干し大根の食感が面白かったです。

004005006フカヒレギョウザかぼちゃ風味の小龍包スープ入りショウロンポー」「ムキエビのオレンジ風サラダ」「ニラとエビ焼きまんじゅう

飲茶はそれぞれ小型のセイロに入って来ましたが、セイロを早く下げたいのか、それとも初のセイロ料理だったので「こういう風にするのよ」と教えてくれたつもりなのかはわかりませんが、運んで来たおばちゃんがさっさと各飲茶をとりわけセイロを持って行っちゃいました。ちょっと興醒め。。。

あ、ムキエビはオレンジ味がちょっとビミョ~でした。

007008牛肉生菜春巻

2つで1セットです。右の皮で左の牛肉や野菜を巻いていただきます。北京ダックの牛肉バージョンって感じかな。皮はかなりモッチモチで弾力性がありました。

お料理はまだまだ続きますよ~

2009年7月20日 (月)

フカヒレ尽くし Ⅱ

フカヒレ専門店 廣翔記の「豪華フカヒレ極みコース」の続きです。

001002北京ダック フカヒレ味噌付」「特製フカヒレスープ

写真のスープは一人前です。ちょっと味が薄目だったな。

北京ダックも一応フカヒレ料理になるんですね。味噌がフカヒレ味噌らしいけど、よくわからないや。

003004アワビのフカヒレソース煮込み」「国産松茸のフカヒレ炒め

炒めものはちょっとボリューミーで嬉しかったけど、フカヒレ料理というより最早ただの中華料理みたいな感じになってますね。味も普通でした。

005006フカヒレチャーハン」「ツバメの巣入りフカヒレ杏仁豆腐

お店自体は小さな町の中華屋さんって感じです(他のフロアもあったのかな?)

すごく慌ただしくて、お料理は次々運ばれてきます。これだけのお料理が1時間の間に出尽くすんですよ。ホントバタバタです。。。そして次の予約のお客さんが来ちゃったからと早々に追い出されました。まだ予約時間は過ぎていなかったのに。。。とにかく慌ただしく放り出されて、お店を出る時は皆無言でした。

テレビで見た時は「美味しそう!しかも安い!」と思ったけど、実際に行ってみたら値段相応でしたね。っていうかむしろ高い?フカヒレの質については私たちにはわからないけど、味は普通だったし、サービスもイマイチだし、何より落ち着かない。テレビと全然違うじゃん。。。私たちが行ったのは本館だったんだけど、四川館という別館だったら又雰囲気も違ったのかな?まあ、今となってはもうどうでもいいか。

これだったらちょっと頑張って、高級チックなお店で高級フカヒレをいただいた方が、もっとフカヒレ気分に浸れたんじゃなかったかなと思います。やっぱり高級食材はそれなりのお金を出していただかなきゃダメって事です。勉強になりました。

今回はちょっと辛口かな。でも私的には友人を誘った手前、とても悲しかったのでね。。。

2009年7月19日 (日)

フカヒレ尽くし Ⅰ

テレビで見て、一度行ってみたいと思っていたフカヒレ専門店 廣翔記。数あるフカヒレコースの中で私がチェックしていたのは、12品のフカヒレ料理が堪能できる「豪華フカヒレ極みコース」。通常13,980円のところ何と4,980円!2時間飲み放題付でも6,000円!!って、通常価格は一体どこから出てるのよ!とツッコミたくはなりますが、ひとまずそれは置いといて。友人達を誘って行ってみました。体調不良のメンバーが多い中(私も相変わらずの偏頭痛でした)、横浜中華街にあるお店へGO!

001002フカヒレ煮こごり前菜の盛り合わせ」「気仙沼産・フカヒレ刺身

早速運ばれてきたフカヒレ料理にテンション上がりますが、一口食べると。。。う~ん。。。普通だ。期待していたフカヒレのお刺身も、お醤油の味しかしないような。気のせい?

003_2004_2気仙沼産・廣翔記特製極上フカヒレ姿高湯スープ煮込み」「伊勢えびのフカヒレチリソース

最初にこんな事を書いちゃうのはあまりよくないかもしれないけど、今回のコースの中で一番美味しかったのが、この伊勢海老の海老でしたね。

ちなみに煮込みのフカヒレは一人前です(他のお料理はほとんど3人前)。味も食感もあまりインパクトなかったけど、気持ち的には「フカヒレ食べたぞ!」と思えた一品でした。

005フカヒレ姿入り蒸し餃子&フカヒレショウロンポウ

えっと、普通の蒸し餃子と小龍包でした。

今回何よりガッカリだったのが。。。

飲み放題の中に紹興酒も含まれていたのですが、友人が頼んだ紹興酒を一口もらったら。。。はっきり書いちゃいます。マズイ。こんなにマズイ紹興酒は飲んだ事ありません。常温のまま運ばれてきた紹興酒(グラス)は水で薄めたんじゃないかっていうくらい薄いです。紹興酒特有のパンチの効いた香りもクセもありません。ボトルの紹興酒もあったので、もしかしたらそっちは美味しかったのかもしれないけど。でも最初に飲んだ紹興酒がアレでは、怖くてボトルも頼めません。飲みきれるかどうかコワイもの。ワインもイマイチだったので、私はひたすらサワーを飲んでいました。そのサワーも2種類(←何だったか忘れた)以外は全て薄かったので、私には2種類を交互に飲むしかなかったです。

ちなみに飲みきらないうちに次をオーダーすると「飲み終わってから」と怒られます。まぁそれがルールなら従いますよ。でもそれなら頼んだらすぐに持ってきてね。頼んでから運ばれてくるまでにすごく時間がかかるから、早めに頼もうとしたんだからさ。

2009年5月15日 (金)

KAMONKA 點

昔の会社の先輩達と、2年ぶりくらいかな?久しぶりにゴハンを食べに行きました。有楽町イトシアの中に入っている飲茶のお店、KAMONKA 點です。銀座にある姉妹店の過門香には何度か行ったことがあるんだけど、こちらのお店は初めて。休日のランチ時にはいつも大行列になっていたので、すごく気になっていたの。

001002おこげサラダ(TENスタイル)」「上海小籠包

今回はすべてアラカルトで。でも食事は2時間制なんだけどね。 

点心のお店だけあって、点心メニューが充実しているのが嬉しいです。迷った末頼んだのは基本中の基本、普通の小龍包なのが笑えますが。。。

003004米沢三元豚と野菜のヘルシー蒸し」「大海老の特製マヨネーズソース炒め

こちらのお店ではセイロを使った蒸し料理も有名です。

ヘルシーに調理された豚肉を食べてる傍から、こんなコッテリのエビマヨを食べていたらあまり意味が無いかもしれないけど。でも美味しいからいいのです。

005_2006_2007黒酢の酢豚」「上海蟹味噌入りフカヒレスープ」「フカヒレあんかけ御飯

酢豚が絶品でした。黒酢が何とも言えない味わいで、今日のお料理の中では一番美味しかったような気がします。

逆にあんかけ御飯は、かなり哀しげな一品でした。美味しいんだけど、何だか寂しかったの。。。

008009王様焼きプリン濃厚杏仁豆腐特製マンゴープリン」「バラ茶

4人なのになぜデザートが6個なのかはひとまず置いといて。。。とにかくデザートはビックリするほどちっちゃいです。お味の方は杏仁とマンゴープリンはすごく美味しかったけど、王様プリンは。。。

ドリンクの種類は結構多かったですね。中国茶もいろいろな種類があって、ポットで出されて確かお湯も注ぎ足してもらえたんじゃなかったっけな。写真は先輩が飲んでいたバラ茶ですが、華やかな見た目とは裏腹に、香りと味の方はイマイチ。普通の無難なお茶の方が美味しかったです。

予約時間が早かったので(18時前)、当然店内はガラガラ。「こんなに空いてるんだから2時間なんて言わなくてもいいのにね~」なんて話していたら、あっという間に満席に。2時間後には当然の如く追い出されてしまいました。平日なのにスゴイです。でもお料理は美味しかったので、今度はランチにも挑戦してみたいな。

しばらくぶりに会った先輩達ですが、気を使わず楽~に入っていける雰囲気が心地よいです。私以外はまだ皆現役なので会社の話題も多いけど、懐かしい人達の話題を全く違和感なく聞いてられました。同期の子とはよく御飯を食べているので、そこから会社の話をいろいろ聞いているってのもあるけど。充実した楽しい2時間を過ごせました。楽しかった~

2009年1月23日 (金)

ベトナム麺

ある日、突然こってりラーメンが食べたくなって。。。ラーメン屋さんはあまり詳しくないので、昔行った事のある中華料理(?)屋さんに入ってみました。銀座にある八真茂登です。お店がなかなか見つからなくてチャリで走り回った結果、前とは違った場所に看板を見つけたのですが。。。後からわかったのですが、八真茂登は閉店してしまい、私が入ったのは姉妹店の東東居の方だったみたいです。八真茂登の看板もちゃんと出ていたのにな。。。

中に入ると、前に入った八真茂登より暗くて狭くて汚いお店。座席なのかお店の荷物置きになっているのか区別がつかないほど、店内は雑然としています。。。。ランチにしては時間が遅かったせいか、お客さんも私ただ一人。何だか居心地悪いな。。。

001_2そんな中頼んだのがコレ!名物「ベトナム麺」です!!

細麺で、茹で過ぎたのかかなり伸びていました。柔らかくてフニャフニャ。量も結構多いので、固麺好きの私にはちょっとキツかったなあ。チャーシューは肉厚でジューシーですごく美味しかったんだけどね。野菜もたっぷり入っているのは○です。

ただ酢漬け(?)のニンニクが。柔らかいニンニクがゴロゴロ入っているんですよね。味も甘酸っぱい微妙な味で、いくら私がニンニク好きでもさすがにこれは。。。食べていてちょっと胸焼けがしましたもん。

フニャフニャ細麺に、クセのある大量のニンニク。前とはお店が違うとはいえ、久々に食べたベトナム麺はかなり残念な結果となりました。。。

あ、でもお店の人はフレンドリーというか家庭的な感じで、感じはよかったですよ。ネギ抜きにも対応してくれたので感謝です♪

2008年12月14日 (日)

ふかひれ麺専門店 「頂上麺」

東京駅八重洲口構内にある頂上麺で、ふかひれ麺を食べてきました。こちらのお店は、以前フカヒレランチをしたふかひれ専門店筑紫樓が手がけた、ふかひれ麺専門のお店だそうです。

高級感溢れる日本橋三越店や丸の内店から比べると、街の小さな中華料理屋さんという感じかな。そんなにキレイでもないしね。

001まず頼んだのは店名となっている「頂上麺」。要はふかひれの煮込み(醤油味)つゆそばです。ちなみにかけご飯を選ぶ事もできます。

この写真では、熱々だという事くらいしか伝わらないですね。。。中(具)の様子が全くわかりません。

おそば自体はそれなりに美味しかったけど、肝心のふかひれは微々たる量で、ちょっと物悲しくなりました。まぁ1,600円だとこんな物なのかしらねぇ?

002003小皿料理の「大根もち」「小龍包」。

大根もちについてきたのが、東南アジアチックな甘酸っぱいタレ(何て言うんだっけ?)。

これは無いでしょ。。。大根餅にはお醤油だい!と思っても、どこにもお醤油は見当たらず。店員さんに言うのもなぜか躊躇われて(どのテーブルにも無かったから、お醤油を出さないお店なのかと。。。。)、何もつけずにそのままいただきました。

お腹が空いていなかったからかもしれませんが。。。味は普通だったな。でも筑紫樓系列だと思ったら、それなりに期待しちゃうじゃないですか。。。それだけに、ちょっとありきたりすぎて残念でした。

これらを友人と二人で半分こ。これが普通の夕食だったら「何て少食なんでしょう!」となりますが、実はガッツリとフルコースディナーを食べた後の2軒目でした。

最近、いかんなぁ。。。冬だから仕方ないのかもしれませんが、食欲増し気味。反省します。。。(コレばっかりだね)